懐かしい“万博メニュー”! レストラン街も話題満載

 エンタメ施設の間を左方向へ進むと、ショッピングエリア「ららぽーとエキスポシティ」の外部レストラン街「エキスポキッチン」が広がり、さらに行くと屋内モールに辿り着く。

 18店舗が軒を連ねるエキスポキッチンの注目店は、万博当時のポスターやグッズなどのコレクションを店内に展示する「万博食堂」。フライドチキンやフライドポテト、ハンバーグなど、大阪万博を機に広まったメニューが豊富。なかでも、ステーキバーガーやボルシチなどを盛り合わせた「万博プレート」「アメリカ館の月の石ハンバーグ」が好評だ。店内モニターでは、当時の映像が放映されているので、万博世代は懐かしい気分に浸りながら食事を楽しめる。

 大阪万博で日本初上陸した「ケンタッキーフライドチキン」も、ビュフェスタイルのレストランを出店。バンダイが手がける国内初のベーカリーカフェ「BCベーカリー」では、キャラクターとのコラボメニューを楽しめる。同社が直営展開する関西初のガンダム専門店「ガンダムスクエア」にはガンダムカフェも登場。ガンダムの世界観を表現した店内で、大阪ならではのメニューも味わえる。

 約1200席収容のららぽーとエキスポシティ3階「フードパビリオン」には、東京のラーメン店「つじ田」や大阪鶴橋の韓国料理店「まだん」など17店舗の人気グルメが集結。フードコートの入り口には、万博のユニフォームやパンフレットなどのグッズを展示。太陽の塔を一望できるカウンター席もあり、万博気分を堪能できる。

フードコートの入り口には、1970年の万博で着用されたユニフォームやパンフレットなどを展示。床にはエキスポ70のイラストマップが描かれ、壁には当時の新聞記事がデザインされている
フードコートの入り口には、1970年の万博で着用されたユニフォームやパンフレットなどを展示。床にはエキスポ70のイラストマップが描かれ、壁には当時の新聞記事がデザインされている
[画像のクリックで拡大表示]
フードコート「フードパビリオン」の中央モニュメント。17店舗が並び、約1200席を収容
フードコート「フードパビリオン」の中央モニュメント。17店舗が並び、約1200席を収容
[画像のクリックで拡大表示]
東京・日本橋の天丼専門店「金子半之助」は関西初出店
東京・日本橋の天丼専門店「金子半之助」は関西初出店
[画像のクリックで拡大表示]
穴子天がこぼれ落ちそうな江戸前天丼は1200円(税込み)
穴子天がこぼれ落ちそうな江戸前天丼は1200円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]
東京の人気ラーメン店「つじ田」はつけ麺が自慢
東京の人気ラーメン店「つじ田」はつけ麺が自慢
[画像のクリックで拡大表示]
たこ焼き発祥の老舗「会津屋」。新業態の同店では牛すじ焼や焼きそばも販売
たこ焼き発祥の老舗「会津屋」。新業態の同店では牛すじ焼や焼きそばも販売
[画像のクリックで拡大表示]
大阪万博で日本初上陸した「ケンタッキーフライドチキン」の新業態レストラン。70分食べ放題のランチは平日で1人1880円(大人)
大阪万博で日本初上陸した「ケンタッキーフライドチキン」の新業態レストラン。70分食べ放題のランチは平日で1人1880円(大人)
[画像のクリックで拡大表示]
万博食堂の店内には当時の懐かしいグッズが展示されている
万博食堂の店内には当時の懐かしいグッズが展示されている
[画像のクリックで拡大表示]
「アメリカ館の月の石ハンバーグ」1280円(税込み)。食べ応えのある食感と肉汁のジューシー感が特徴。和牛をふんだんに使った合挽き手ごねハンバーグを、月の石のイメージに仕上げた
「アメリカ館の月の石ハンバーグ」1280円(税込み)。食べ応えのある食感と肉汁のジューシー感が特徴。和牛をふんだんに使った合挽き手ごねハンバーグを、月の石のイメージに仕上げた
[画像のクリックで拡大表示]
ジャーナルスタンダードが提案する“食のセレクトショップ”「J.S.フーディーズ」。ハンバーガーやパンケーキ、フレッシュなスムージーなどを味わえる
ジャーナルスタンダードが提案する“食のセレクトショップ”「J.S.フーディーズ」。ハンバーガーやパンケーキ、フレッシュなスムージーなどを味わえる
[画像のクリックで拡大表示]