穴場は米国の街並みを再現した“英語村”!?

 認知度がまだ低いせいか、比較的入りやすかったのが、日本初の体験型英語教育施設「オオサカ イングリッシュ ビレッジ」。米国の街並みやスポットを再現した空間で、日常生活や文化を疑似体験しながら英語を学べる施設だ。

 館内には、洋服店や郵便局、交番、レストランなどを再現した部屋のほか、ハリウッドやホワイトハウスといった有名スポットを再現したシチュエーションルームが23カ所。子供が体験できる1部と2部は各4時間で好きなクラスに参加できる。1レッスンの所要時間は約30分。初級、中級、上級と英会話のレベルも表示されているので、子供だけでなく大人も気軽に楽しめそうだ。

 入場料は大人・子供ともに平日の昼間で5400円。親子で参加すると1万円を超えるため、利用者は限られそうだが、ウェブでの事前予約だけでなく当日客も徐々に増えてきているという。

日本初の体験型英語教育施設「オオサカイングリッシュ ビレッジ」では、米国の生活を疑似体験しながら英語を学べる
日本初の体験型英語教育施設「オオサカイングリッシュ ビレッジ」では、米国の生活を疑似体験しながら英語を学べる
[画像のクリックで拡大表示]
ニューヨークのタイムズスクエアを再現したスペースにはイエローキャブも展示
ニューヨークのタイムズスクエアを再現したスペースにはイエローキャブも展示
[画像のクリックで拡大表示]
「ハリウッド」のシチュエーションルームでは、女優や俳優になりきって英語で演技指導を受けられる
「ハリウッド」のシチュエーションルームでは、女優や俳優になりきって英語で演技指導を受けられる
[画像のクリックで拡大表示]
館内にはCNNのニュース配信する「CNNカフェ」も併設
館内にはCNNのニュース配信する「CNNカフェ」も併設
[画像のクリックで拡大表示]
英国BBC EARTHコンテンツ・プロダクションとのコラボにより、セガがプロデュースする大自然体感型エンターテインメント施設「オービィ大阪」は2016年開業予定
英国BBC EARTHコンテンツ・プロダクションとのコラボにより、セガがプロデュースする大自然体感型エンターテインメント施設「オービィ大阪」は2016年開業予定
[画像のクリックで拡大表示]
「オービィ大阪」のオフィシャルショップと無国籍料理レストラン「オリエンタルスプーン」は11月19日に先行オープン
「オービィ大阪」のオフィシャルショップと無国籍料理レストラン「オリエンタルスプーン」は11月19日に先行オープン
[画像のクリックで拡大表示]
日本初の次世代「IMAXシアター」と体感ライド型4DXシアターを完備したシネコン「109シネマズ大阪エキスポシティ」
日本初の次世代「IMAXシアター」と体感ライド型4DXシアターを完備したシネコン「109シネマズ大阪エキスポシティ」
[画像のクリックで拡大表示]
小さな子供たちに人気の高い屋外型のミニ遊園地「アニポ」には空中散歩を疑似体験できるアトラクションなどがそろう
小さな子供たちに人気の高い屋外型のミニ遊園地「アニポ」には空中散歩を疑似体験できるアトラクションなどがそろう
[画像のクリックで拡大表示]
英国発のクレイアニメ「ひつじのショーン」をテーマにした体験型アミューズメントパークはららぽーとエキスポシティ3階フードコートの隣
英国発のクレイアニメ「ひつじのショーン」をテーマにした体験型アミューズメントパークはららぽーとエキスポシティ3階フードコートの隣
[画像のクリックで拡大表示]