ドン・キホーテグループ初の駅ナカ業態「エキドンキ」が2015年10月30日、JR大阪駅構内の商業施設「エキマルシェ大阪」にオープンした。

 これまで1000~3000平米の中・大型店を出店して店舗網を拡大してきたが、エキドンキの売り場面積は約400平米とドン・キホーテ業態では最小規模。取り扱い品目も通常店が4万~6万アイテムなのに対し、エキドンキは1万5000アイテムに圧縮。狭いながらも中身の濃い品ぞろえで、目的買い客のニーズに応えていくという。

 主なターゲットは通勤・通学者など時短消費型の日常的な駅利用者で、全体の約6割を想定。次に多いと予想するのがインバウンド(訪日外国人)と国内の旅行者で、それぞれ2割程度とみている。「日常利用と非日常利用という両方の客層を同時に取り込んでいく。ただ、家賃の高い駅ナカで収益を残すには、これまでのような品ぞろえや運営方法は通用しない」と、ドン・キホーテ事業本部大阪支社の町田悟史支社長は話す。

 さらに、駅ナカの店舗は安全上の規制が多く、圧縮陳列やPOPのぶら下げといった同店特有の内装をそのまま採用することができない。初の試みに試行錯誤しながらも駅ナカの利便性とドンキらしさを表現したショップが、エキドンキというわけだ。また、エキドンキでは新商品のテスト販売も行い、アンテナショップとしての役割も担う。

 JR大阪駅桜橋口の平日1日の通行客は約14万人。2012年10月に開業したエキマルシェ大阪は、大阪駅西側エリアの活性化に貢献したものの、施設間競争の激化でスーパー業態が撤退。その跡地に出店したエキドンキの集客力に期待がかかる。オープンしたばかりの同店をのぞいた。

JR大阪駅西側の桜橋口近くにオープンした「エキドンキ」。通常店より凝縮された商品展開が売り
JR大阪駅西側の桜橋口近くにオープンした「エキドンキ」。通常店より凝縮された商品展開が売り
[画像のクリックで拡大表示]
売り場面積はドン・キホーテで最小規模。天井高は低く、さまざまな規制をクリアして出店にこぎつけた。店名には「エキサイトドンキ」の意味も込められている
売り場面積はドン・キホーテで最小規模。天井高は低く、さまざまな規制をクリアして出店にこぎつけた。店名には「エキサイトドンキ」の意味も込められている
[画像のクリックで拡大表示]
アミューズメント性を高めるため、店頭にはドン・キホーテのキャラクター「ドンペン」のオブジェを置き、同店で初めてのスタンプも設置した。大阪駅の待ち合わせ場所を目指す
アミューズメント性を高めるため、店頭にはドン・キホーテのキャラクター「ドンペン」のオブジェを置き、同店で初めてのスタンプも設置した。大阪駅の待ち合わせ場所を目指す
[画像のクリックで拡大表示]
営業時間は7時~24時。メインエントランス前通路は平日1日約14万人が行き来する
営業時間は7時~24時。メインエントランス前通路は平日1日約14万人が行き来する
[画像のクリックで拡大表示]