本格的な味を売りにしたグルメバーガーが一部の層に受けている(関連記事「NYで人気の高級バーガー『ベアバーガー』日本上陸、2000円以上でも人気になるか」)。そんななか、ニューヨークで新しいスタイルのハンバーガーショップとして人気を集め、世界9カ国で78店舗を展開している「シェイク シャック」が、日本初上陸。2015年11月13日、1店舗目を明治神宮外苑内にオープンした。

 日本での展開の独占契約を結んでいるサザビーリーグ(東京都渋谷区)は、東京五輪が開催される2020年までに10店舗を計画しているという。

 シェイク シャックは2014年に「サウスビーチ ワイン&フードフェスティバル」で“ベストバーガー”に選ばれ、同年度版のZagat NYCでも「最も人気のあるニューヨークのレストラン」に選出されている。そのほかにもBon Appetit誌が選ぶ「米国で最も重要なレストランTop 20」や、タイム誌の「歴史上、最も影響のある17のバーガー」に選出されていて、「ニューヨークのベストバーガー」との呼び声も高い。

 人気の理由は、高品質なハンバーガーを手に届きやすい価格で提供しているから。パティはアンガスビーフ100%で、ホルモン剤などを一切使用せず、健康的に飼育されたものを厳選している。それにもかかわらず、価格はいわゆるグルメバーガーと一般的なバーガーのちょうど中間程度(日本では680円)。“グルメポテト”と呼ばれるユーコンポテトを波状にカットして揚げた「フライ」はSサイズで280円。本格的なメニューをカジュアルなスタイルで提供して人気を得ていることから、「ハンバーガー界のスターバックス」という声もあるほど。

 しかし、安全性や味を追求すれば、価格が高くなるのが必然。いったいなぜ、“手に届きやすいカジュアルな価格”が可能なのか。そして味はどうなのか。さまざまな疑問を確かめるべく、オープン前の試食会に足を運んだ。

東京メトロ「外苑前」駅から徒歩4分、外苑いちょう並木の真ん中にある「シェイク シャック 外苑いちょう並木店」(東京都港区北青山2-1-15)。営業時間は11~22時。席数数は店内67席、 テラス100席
東京メトロ「外苑前」駅から徒歩4分、外苑いちょう並木の真ん中にある「シェイク シャック 外苑いちょう並木店」(東京都港区北青山2-1-15)。営業時間は11~22時。席数数は店内67席、 テラス100席
[画像のクリックで拡大表示]
店内はニューヨークのマディソン・スクエア・パークにあるシェイクシャック1号店をイメージした店舗デザインで、いちょう並木に囲まれた自然豊かな環境を最大限に活かした設計という。環境保護に配慮した素材を選定している
店内はニューヨークのマディソン・スクエア・パークにあるシェイクシャック1号店をイメージした店舗デザインで、いちょう並木に囲まれた自然豊かな環境を最大限に活かした設計という。環境保護に配慮した素材を選定している
[画像のクリックで拡大表示]
ホルモン剤を一切使っていないアンガスビーフを100%使用したハンバーガー「シャックバーガー」(680円)、「フライ(S)」(280円)、「シャックメイドレモネード(S)」(250円)
ホルモン剤を一切使っていないアンガスビーフを100%使用したハンバーガー「シャックバーガー」(680円)、「フライ(S)」(280円)、「シャックメイドレモネード(S)」(250円)
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
パティについて、初出では「抗生物質を一切使っていない」としていましたが、抗生剤不使用の表記に関して米国と日本では規定が異なるため、削除しました。[2015/12/02 18:15]