コンクリートのようなアイスクリームとは!?

 同店のもうひとつの大きな特徴は、スイーツメニューの多さだ。メニューボードを見ると、3分の1を占めているのはデザート。毎日店内で作っている濃厚な味わいの「フローズンカスタード」を中心に、それを基にしたシェイクや、さまざまな素材とミックスしたオリジナルアイス「コンクリート」などのメニューが、日替わり、週替わりでいくつも登場する。

 特に注目したいのは、「コンクリート」という名のオリジナルアイス。同店で手作りしているフローズンカスタード自体がもともと、通常のアイスクリームより卵黄やバターが多く非常に濃厚。それにさまざまな素材をプラスして高速でミックスしているため、カップにみっちりつまっていて、カップを逆さにしても落ちないほど。その濃密さから「コンクリート」と名付けられたそうだ。本国でも大人気のオリジナルアイスだが、今回のオープンに合わせて日本限定メニュー4種を開発。日本限定シェイク1種と合わせて販売する。

 試食したのは、日本限定の「ザ トウキョウ エディション」。チョコレートカスタード、バニラカスタードに加え、カカオニブス、黒ゴマペースト、マシュマロソースをトッピングしている。食べ始めはスプーンが重く感じるほどの濃密さで、口に入れると舌にからみつくようなねっちりした食感。食べ進むと、さまざまな味、香り、かみごたえが交錯し、「今のは何?」と追いかけているうちに、大きめのカップをぺろりと食べてしまった。カカオニブスはその栄養価の高さから、スーパーフードとしても注目されている素材で、同店の健康志向を感じさせる。カリカリとした独特の食感が楽しかった。

 同社では「地元の食材をできるだけ使用する」「感性を同じくする異業種のパートナーとコラボし、新しいものを作りだす」という基本姿勢から、カカオ ニブスは、人気のチョコレートショップ「ミニマル」(渋谷)のものを使用している。本質以外を削ぎ落とした「カカオ」と「砂糖」のみのチョコレートを取り扱い、仕入れから製造まで自社工房で行っている店だという。

 また同じく日本限定の「シャック アタック」というコンクリートは、NYでも日本でも大人気のベーカリー「ドミニクアンセルベーカリージャパン」とコラボレーションしている(関連記事「日本初上陸! ドミニクアンセルベーカリーの“本家クロナッツ”をミスドと徹底比較」)。

バニラカスタードに、日本ならではの素材のユズ味噌キャラメル、抹茶マカロン、抹茶、きな粉をトッピングした「ウォーク イン ザ パーク」(480円)。この商品の売り上げの5%は、子供たちが安心・安全に放課後をすごせる活動を行っている「放課後NPOアフタースクール」に寄付される ※日本限定メニュー
バニラカスタードに、日本ならではの素材のユズ味噌キャラメル、抹茶マカロン、抹茶、きな粉をトッピングした「ウォーク イン ザ パーク」(480円)。この商品の売り上げの5%は、子供たちが安心・安全に放課後をすごせる活動を行っている「放課後NPOアフタースクール」に寄付される ※日本限定メニュー
[画像のクリックで拡大表示]
「ザ トウキョウ エディション」(480円)はチョコレートカスタード、バニラカスタードに加え、世界から良質のカカオ豆を選び、仕入れから製造まで自社工房で行っている都内のチョコレート店「ミニマル」のカカオニブスが入ったコンクリート。黒ゴマペースト、マシュマロソースをトッピングしている※日本限定メニュー
「ザ トウキョウ エディション」(480円)はチョコレートカスタード、バニラカスタードに加え、世界から良質のカカオ豆を選び、仕入れから製造まで自社工房で行っている都内のチョコレート店「ミニマル」のカカオニブスが入ったコンクリート。黒ゴマペースト、マシュマロソースをトッピングしている※日本限定メニュー
[画像のクリックで拡大表示]
チョコレートカスタードに「ドミニクアンセルペーカリージャパン」がシェイク シャックのためだけに毎日お店で焼いているミルクチョコレートポップコーンブラウニーが入ったコンクリート「シャック アタック」(480円)。ファッジソース、ヴェローナのチョコレートチャンク、チョコレートスプリンクルをトッピングしている※日本限定メニュー
チョコレートカスタードに「ドミニクアンセルペーカリージャパン」がシェイク シャックのためだけに毎日お店で焼いているミルクチョコレートポップコーンブラウニーが入ったコンクリート「シャック アタック」(480円)。ファッジソース、ヴェローナのチョコレートチャンク、チョコレートスプリンクルをトッピングしている※日本限定メニュー
[画像のクリックで拡大表示]
「非常に濃密なのでカップを下に向けても落ちない」と実演してみせるメニュー開発担当のマーク・ロザッティ氏
「非常に濃密なのでカップを下に向けても落ちない」と実演してみせるメニュー開発担当のマーク・ロザッティ氏
[画像のクリックで拡大表示]
メニューボード中央部分がスイーツ。全体の約3分の1を占めている
メニューボード中央部分がスイーツ。全体の約3分の1を占めている
[画像のクリックで拡大表示]