上野の新たなランドマークとなる複合商業施設「上野フロンティアタワー」が2017年11月4日に開業した(関連記事:「上野にJフロント×パルコの新施設、その中身は?」)。地下1階から10階までは商業ゾーンで、特に注目なのが1~6階に入るパルコの新業態「PARCO_ya(パルコヤ)」だ。

「上野フロンティアタワー」(台東区上野3-24-6)の1~6階が「PARCO_ya(パルコヤ)」。地下1階は大丸松坂屋百貨店、7~10階はTOHOシネマズが入る
「上野フロンティアタワー」(台東区上野3-24-6)の1~6階が「PARCO_ya(パルコヤ)」。地下1階は大丸松坂屋百貨店、7~10階はTOHOシネマズが入る
[画像のクリックで拡大表示]

 「上野フロンティアタワーはさまざまな目的を持つ人が集まる複合ビル。これまでのパルコよりも間口を広げ、大人世代のニーズにも対応でき、上野というエリア性を考慮した店作りが必要だと考えた」とPARCO_yaの小林昭夫店長は話す。長く支持されているブランドを中心に、大人の支持が期待できるショップ68店舗を厳選したという。約8割にあたる52店舗は上野御徒町エリア初登場だ。また、地元に縁が深い企業やブランドも11店舗出店している。いったいどんな店が集まったのか。

1階に出店する老舗生花店「日比谷花壇」が手がける、中央通り沿いにあるディスプレースペース。数々のパルコの広告を手掛けたクリエイティブディレクターの箭内道彦氏が准教授を務める東京藝術大学の学生と一緒に、アート×植物の作品をディスプレーする
1階に出店する老舗生花店「日比谷花壇」が手がける、中央通り沿いにあるディスプレースペース。数々のパルコの広告を手掛けたクリエイティブディレクターの箭内道彦氏が准教授を務める東京藝術大学の学生と一緒に、アート×植物の作品をディスプレーする
[画像のクリックで拡大表示]