OUTの「トリュフをつかったフレッシュパスタと赤ワインのセット」(税込み4000円、パスタ単品だと2900円)。パスタはイタリア産のオーガニック小麦粉、山梨県の農家直送の卵、北海道産のバター、オーストラリア産のオリーブオイルを使用した自家製麺
OUTの「トリュフをつかったフレッシュパスタと赤ワインのセット」(税込み4000円、パスタ単品だと2900円)。パスタはイタリア産のオーガニック小麦粉、山梨県の農家直送の卵、北海道産のバター、オーストラリア産のオリーブオイルを使用した自家製麺

格安「トリュフ料理専門店」増殖中 ラーメン店風も

2017年10月19日
  • 2017年7月1日にオープンした「OUT」(渋谷区渋谷2-7-14 Vort青山103)。営業時間は18~26時。月曜定休。席数13。予約不可。店名は英国のロックバンド「レッド・ツェッペリン」のアルバム「In Through The Out Door」に由来
  • OUTの「トリュフをつかったフレッシュパスタと赤ワインのセット」(税込み4000円、パスタ単品だと2900円)。パスタはイタリア産のオーガニック小麦粉、山梨県の農家直送の卵、北海道産のバター、オーストラリア産のオリーブオイルを使用した自家製麺
  • オーストラリア出身のオーナーシェフ、セーラ・クレイゴ氏が目の前でトリュフをスライスする。ほんの飾り程度と思いきや、パスタ全体が隠れるほどたっぷりの量
  • 2017年7月14日にオープンした「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ」(港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン「ガレリア」内ガーデンテラス1階)。営業時間は平日が11時~15時半、17時半~23時。日曜・祝日は11~23時。席数は店内69(カウンター10)、テラス席46
  • アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリの期間限定メニュー「色々茸の温製スープ カプチーノ仕立て」(2400円)。プロヴァンスの最高級トリュフと旬のキノコ数種類を組み合わせたスープ。提供期間は2017年9月15日~11月5日
  • 券売機のメニューはシンプル。「トリュフをつかったフレッシュパスタと赤ワインのセット」(4000円)、「トリュフをつかったフレッシュパスタ単品」(2900円)、「フレッシュパスタの追加」(600円)、「トリュフの追加(3g)」(1500円)、「赤ワイン・ボトル」(6100円)、「赤ワイン・グラス」(1300円)など
  • 「ラーメンバーのスタイルでカジュアルに食べられるようにした」というオーナーシェフのセーラ氏
  • リゾート感たっぷりのテラス席は大人気で、オープンとともにテラス席から埋まっていく。前面は道路だが、裏通りに面しているため車の音はまったく聞こえない
  • 物販コーナーのトリュフ製品の豊富さがすごい
  • ディナーコースの始まりにパンとともに運ばれてきたのは、店内でも売られている「サマートリュフ入りゲランドの塩」「エクストラヴァージンオリーブオイル黒トリュフ」。オイルはほんの少量でも「直撃」といいたいくらい強烈なトリュフの香りがした
  • トリュフ風味のスクランブルエッグが詰まった「ブイヤード・ア・ラ・トリュフ」はコース料理に必ず入っているという
  • 佐藤茂樹シェフは「オテル・ドゥ・ミクニ」を経て渡仏、帰国後「マンダリンオリエンタル東京」を経て、「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ」のメインシェフに就任。「これからが旬の白トリュフは香りがはっきりと違う。春夏秋冬で味わいが異なるトリュフをもっと気軽に味わってほしい」(佐藤シェフ)
  • コースの最後は、「トリュフにまみれたボネ」「特製グラス ア ラ トリュフ」など、トリュフ尽くしのデザート盛り合わせ