トリュフがのった“お子様プレート”も

 「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ」があるのは、東京ミッドタウンのショッピングエリア「ガレリア」の一番奥。屋内もテラス席も非常に高級感がある。

リゾート感たっぷりのテラス席は大人気で、オープンとともにテラス席から埋まっていく。前面は道路だが、裏通りに面しているため車の音はまったく聞こえない
リゾート感たっぷりのテラス席は大人気で、オープンとともにテラス席から埋まっていく。前面は道路だが、裏通りに面しているため車の音はまったく聞こえない
[画像のクリックで拡大表示]

 アラカルトのメニューを見て、本当に全部の料理にトリュフを使っていることに驚いた。なんと「トリュフ マティーニ」「トリュフ ムスー」などのカクテルもあり、デザートまでトリュフ尽くし。1200円の「お子様プレート」まである。

 今回は週末の夜に6500円のコースを試してみた。コース料理の内容は日によって違うが、この日、特に印象に残っているのが最初のアミューズで、トリュフ風味のスクランブルエッグが詰まった「ブイヤード・ア・ラ・トリュフ」。お互いおいしさを引き出し合う卵とトリュフの相性の良さに驚いた。コースではプチサイズだが、アラカルトでは2000円でかなりたっぷりの量が食べられる。初めてこの店に行く人、トリュフをそれほど食べたことがない人に、おすすめしたい。

ディナーコースの始まりにパンとともに運ばれてきたのは、店内でも売られている「サマートリュフ入りゲランドの塩」「エクストラヴァージンオリーブオイル黒トリュフ」。オイルはほんの少量でも「直撃」といいたいくらい強烈なトリュフの香りがした
ディナーコースの始まりにパンとともに運ばれてきたのは、店内でも売られている「サマートリュフ入りゲランドの塩」「エクストラヴァージンオリーブオイル黒トリュフ」。オイルはほんの少量でも「直撃」といいたいくらい強烈なトリュフの香りがした
[画像のクリックで拡大表示]
トリュフ風味のスクランブルエッグが詰まった「ブイヤード・ア・ラ・トリュフ」はコース料理に必ず入っているという
トリュフ風味のスクランブルエッグが詰まった「ブイヤード・ア・ラ・トリュフ」はコース料理に必ず入っているという
[画像のクリックで拡大表示]

 その後にトリュフを山盛りにしたガスパチョと続き、一見トリュフと関係なさそうなオードブルの「パテ・アン・クルート(子牛と豚のパイ包み)」「本日の肉料理(鴨のロティ)」にもトリュフがたっぷり添えられていた。最後はトリュフ尽くしのデザート。コーヒーに添えられた小菓子はヘーゼルナッツとトリュフのホワイトチョコ。全て食べ終え、コストパフォーマンスが非常に高いと感じた。

コースの最後は、「トリュフにまみれたボネ」「特製グラス ア ラ トリュフ」など、トリュフ尽くしのデザート盛り合わせ
コースの最後は、「トリュフにまみれたボネ」「特製グラス ア ラ トリュフ」など、トリュフ尽くしのデザート盛り合わせ
[画像のクリックで拡大表示]

 同店の本店は、パリの観光名所で生活雑貨に特化している百貨店「ベー・アッシュ・ヴェー(BHV)」内にある。カウンターと20席程度のテーブル席があるカジュアルなスタイルだが、2店舗目は東京店と同じレストランスタイル。ドイツにも出店しているほか、ドバイ、韓国にも出店が予定されている。

佐藤茂樹シェフは「オテル・ドゥ・ミクニ」を経て渡仏、帰国後「マンダリンオリエンタル東京」を経て、「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ」のメインシェフに就任。「これからが旬の白トリュフは香りがはっきりと違う。春夏秋冬で味わいが異なるトリュフをもっと気軽に味わってほしい」(佐藤シェフ)
佐藤茂樹シェフは「オテル・ドゥ・ミクニ」を経て渡仏、帰国後「マンダリンオリエンタル東京」を経て、「アルティザン ドゥ ラ トリュフ パリ」のメインシェフに就任。「これからが旬の白トリュフは香りがはっきりと違う。春夏秋冬で味わいが異なるトリュフをもっと気軽に味わってほしい」(佐藤シェフ)
[画像のクリックで拡大表示]
物販コーナーのトリュフ製品の豊富さがすごい
物販コーナーのトリュフ製品の豊富さがすごい
[画像のクリックで拡大表示]

(文/桑原恵美子)