トガッた受賞研究を体験できるコーナーも

 同展ではイグ・ノーベル賞や受賞研究について詳しく解説されており、一部の受賞研究については体験コーナーもある。

イグ・ノーベル賞の歴史や授賞式の様子などを大きなパネルで紹介
イグ・ノーベル賞の歴史や授賞式の様子などを大きなパネルで紹介
[画像のクリックで拡大表示]
各受賞研究についても詳しく解説
各受賞研究についても詳しく解説
[画像のクリックで拡大表示]
2012年に音響賞を受賞した栗原一貴氏の「スピーチジャマー」は体験が可能。話している人の声をマイクで拾い、その声を遅れて本人に送り返すことで、周りの空気を読まずに話し続ける人を邪魔する装置
2012年に音響賞を受賞した栗原一貴氏の「スピーチジャマー」は体験が可能。話している人の声をマイクで拾い、その声を遅れて本人に送り返すことで、周りの空気を読まずに話し続ける人を邪魔する装置
[画像のクリックで拡大表示]
「月に池があったら地球の1/6の重力で水面をスイスイ歩行」を体験できるコーナー
「月に池があったら地球の1/6の重力で水面をスイスイ歩行」を体験できるコーナー
[画像のクリックで拡大表示]

 受賞研究の解説を見ていて分かるのは、いずれも笑わせようとしたわけではなく、いたって真面目に研究した結果だということ。ハーバード大学の大講堂で行われる授賞式には本家・ノーベル賞受賞者が何人もプレゼンターとして参加するなど、科学界の大御所にも認められている賞なのだ。