自宅リビングのような居心地のよい客室

 客室は130室で、ダブル、ツイン、スイートなど全8タイプで、宿泊料金は1部屋1泊あたり2万800円~。最も広いノーガスイート(1室)は15万円。客室面積、宿泊料金ともに従来のシティホテル並みだが、地域とのコラボによるオリジナルのアメニティーや備品、家具を通して、地元のものづくり文化に触れられるという楽しみがある。

 また、マンション物件を多く手がけるインテリアデザイナーによる客室は、ファブリックの軟らかさと木の温かみが感じられる落ち着いたデザイン。洗面台を室内に配置することで空間に広がりをもたせたほか、居住性にも配慮されているようで、自宅のリビングにいるような感覚になる。

 ライフスタイル型ホテルのなかには客室が少なく、予約困難なものも多い。同ホテルは比較的規模が大きいのでその心配はなさそう。ただ、駅近の好立地なため、今後、外国人観光客を中心に人気が高まるのは必至だ。

1室しかないノーガスイートは客室面積64平方メートル。自宅マンションのようなリビングルームとおしゃれな雰囲気のベッドスペース、簡易キッチンで構成。ベッドマットレスにはエアウィーヴを採用
1室しかないノーガスイートは客室面積64平方メートル。自宅マンションのようなリビングルームとおしゃれな雰囲気のベッドスペース、簡易キッチンで構成。ベッドマットレスにはエアウィーヴを採用
[画像のクリックで拡大表示]
3名まで宿泊可能なデラックスツイン。客室面積は36平方メートル。ロングソファもあり、ゆったりくつろげる。1室3万5800円~
3名まで宿泊可能なデラックスツイン。客室面積は36平方メートル。ロングソファもあり、ゆったりくつろげる。1室3万5800円~
[画像のクリックで拡大表示]
スーペリアダブルは客室面積20平方メートルで、22室用意。1室2万2800円~
スーペリアダブルは客室面積20平方メートルで、22室用意。1室2万2800円~
[画像のクリックで拡大表示]
26平方メートルのコーナーダブルにはエスプレッソマシーンもある。1室2万8800円~
26平方メートルのコーナーダブルにはエスプレッソマシーンもある。1室2万8800円~
[画像のクリックで拡大表示]
18平方メートルと最も小さいダブルの客室は24室用意。素泊まりで1室2万800円~
18平方メートルと最も小さいダブルの客室は24室用意。素泊まりで1室2万800円~
[画像のクリックで拡大表示]
シャンプーなどのアメニティには、高島屋とセーレンの合弁会社、ディアマユコが展開するビューティブランドを採用。天然の繭の成分・セシリンがリラックス効果をもたらす
シャンプーなどのアメニティには、高島屋とセーレンの合弁会社、ディアマユコが展開するビューティブランドを採用。天然の繭の成分・セシリンがリラックス効果をもたらす
[画像のクリックで拡大表示]
台東区をはじめ全国の職人とコラボし、日常に使うプロダクトを製作する「シュロ」は、客室のハンガーや靴べら、ティッシュボックス、洋服ブラシなどをデザインした
台東区をはじめ全国の職人とコラボし、日常に使うプロダクトを製作する「シュロ」は、客室のハンガーや靴べら、ティッシュボックス、洋服ブラシなどをデザインした
[画像のクリックで拡大表示]
洋服の上から羽織って外でも着られるようにデザインされたガウンタイプのオリジナルルームウェア。一流ホテルのファブリック製品を手がけるアトモスフィールジャパンが製作
洋服の上から羽織って外でも着られるようにデザインされたガウンタイプのオリジナルルームウェア。一流ホテルのファブリック製品を手がけるアトモスフィールジャパンが製作
[画像のクリックで拡大表示]