希少部位を使った焼肉弁当「東京精肉弁当店」

 ここ数年の肉ブームで、「ザブトン」「カイノミ」「トモサンカク」など、希少部位もすっかり定着した。「東京精肉弁当店」では焼き肉店でしか食べられなかったこれらの希少部位を使った弁当を提供する。肉好きの人たちの争奪戦になるのは必至だ。イートインスペースもあるので、もつ入りの牛丼などの作りたての定食も食べられる。

「東京精肉弁当店」の「カイノミ焼肉弁当」(税込み800円)
「東京精肉弁当店」の「カイノミ焼肉弁当」(税込み800円)
[画像のクリックで拡大表示]
イートインスペース限定メニューの「東精の牛丼(もつ入り)定食」(税込み980円)はとろけるような柔らかさ。ほかに「ザブトン定食」(税込み1100円)、「牛3種盛り定食」(税込み1300円)などがある
イートインスペース限定メニューの「東精の牛丼(もつ入り)定食」(税込み980円)はとろけるような柔らかさ。ほかに「ザブトン定食」(税込み1100円)、「牛3種盛り定食」(税込み1300円)などがある
[画像のクリックで拡大表示]

辛さが選べるヘルシー麺「コムフォー」

 都内と千葉県に10店舗を展開する日本初のフォー専門店「コムフォー」も出店。国産米を使用した「生和麺」や、日本人向けにアレンジした味付けと、女性好みのインテリアが人気を集めそう。定番の「チキンフォー」「ゴマフォー」「パクチーまぜフォー」ほか、日本橋店では辛さの選べる「スパイシーフォー」を限定メニューとして提供する。

「コムフォー」は、オリジナルのガラスパーテーションや、アジアンマテリアルを使ったインテリアが目を引く
「コムフォー」は、オリジナルのガラスパーテーションや、アジアンマテリアルを使ったインテリアが目を引く
[画像のクリックで拡大表示]
フォー(数種類から選択)と海老の生春巻き、自家製杏仁豆腐とドリンクがセットになった「日本橋セット」(税込み1180円)。日本橋店限定メニュー「スパイシーフォー」は辛みを1~5辛まで選べる
フォー(数種類から選択)と海老の生春巻き、自家製杏仁豆腐とドリンクがセットになった「日本橋セット」(税込み1180円)。日本橋店限定メニュー「スパイシーフォー」は辛みを1~5辛まで選べる
[画像のクリックで拡大表示]

はやりの“サラサラ系”カレー「東京カレースタンド ハトノモリ」

 本格カレー店の聖地といわれる千駄ヶ谷。そのなかでも特に人気の高い「HATONOMORI(ハトノモリ)」が、商業施設初出店。日本人好みの味を出すために膨大な種類のスパイスを研究。同店オリジナルの配合によるカレーは、スパイシーな料理が苦手な人にもファンが多い。夜はカレー以外のメニューもあり、アルコールも提供しているので“ちょい飲み”もできる。

「東京カレースタンド ハトノモリ」はカウンター席のみ。ランチはテイクアウトも可能
「東京カレースタンド ハトノモリ」はカウンター席のみ。ランチはテイクアウトも可能
[画像のクリックで拡大表示]
副菜+カレー3種の「カレープレート」(税込み1300円)。ポークキーマ(左)、えび(中央)、チキン(右)。はやりのサラサラ系のカレーで、特にエビはビスクスープのような濃厚な味わい。ビーツ入りのポテトサラダ入り生春巻きやサラダなどの副菜もおいしかった
副菜+カレー3種の「カレープレート」(税込み1300円)。ポークキーマ(左)、えび(中央)、チキン(右)。はやりのサラサラ系のカレーで、特にエビはビスクスープのような濃厚な味わい。ビーツ入りのポテトサラダ入り生春巻きやサラダなどの副菜もおいしかった
[画像のクリックで拡大表示]