主力の総合居酒屋事業の不振で大きな転換点を迎えているワタミは近年、「ワタミ」の名を冠さない専門店を積極的に展開している(関連記事「ワタミの新戦略、サントリーとコラボした“マグロ特化型総合居酒屋”とは?」)。そのワタミが、なんとメキシコ料理に特化した新業態を開発。2016年8月22日、カジュアルダイニングレストラン&バー「テクスメクスファクトリー(TEXMEX FACTORY)」を東京・渋谷にオープンさせた。

 メキシコ料理は数年前から世界的に流行しており、その波は日本にも来ている。2015年には米国の巨大メキシカンファストフードチェーン「タコベル」が日本再上陸。オーストラリアからは「グズマン イー ゴメズ」が日本初上陸し、今秋には3店舗目をオープン予定だ(関連記事「日本再上陸の「タコベル」で“タコスよりうまいメニュー”を発見!?」、「原宿に“プレミアムフードコート”出現!? 新感覚メキシカン、高級フレンチフライの行列店も」)。スタイリッシュな飲食店舗を展開するHUGE(東京都目黒区)も「ラス ドス カラス-モダンメキシカーノ イ タコス」などのメキシカン業態を4店舗展開するなど、国内の飲食企業がメキシコ料理店を出店するケースも増えている。

 だが、ワタミによると、それらはいわば、“第一次メキシコ料理ブーム”。同社が運営するテクスメクスファクトリーではこれまでのメキシコ料理店のイメージを覆し、新たに“第二次メキシコ料理ブーム”を起こしたいという。それはいったい、どのようなものなのか。確かめるべく、オープン直前のプレス試食会に参加した。

「TEXMEX FACTORY」(渋谷区神南1-19-3ハイマンテン神南ビル2階)は、ワタミが展開している「TGIフライデーズ」1号店の渋谷店隣にオープン。店舗面積は94坪で席数は155。営業時間は11時半~24時。平均客単価は2500円前後を見込んでいる
「TEXMEX FACTORY」(渋谷区神南1-19-3ハイマンテン神南ビル2階)は、ワタミが展開している「TGIフライデーズ」1号店の渋谷店隣にオープン。店舗面積は94坪で席数は155。営業時間は11時半~24時。平均客単価は2500円前後を見込んでいる
[画像のクリックで拡大表示]
ドアを開け、鮮やかなピンクで彩色されたアーチ型の通路を通ってダイニングスペースへ。トンネルを通るような不思議な空間
ドアを開け、鮮やかなピンクで彩色されたアーチ型の通路を通ってダイニングスペースへ。トンネルを通るような不思議な空間
[画像のクリックで拡大表示]
店内はダイニングエリア、バーカウンター、スタンディングエリアに分かれている。古材のテーブルに、メキシコの国旗に使われている色のスチールの椅子を配置しているのも、アメリカのテクスメクススタイル
店内はダイニングエリア、バーカウンター、スタンディングエリアに分かれている。古材のテーブルに、メキシコの国旗に使われている色のスチールの椅子を配置しているのも、アメリカのテクスメクススタイル
[画像のクリックで拡大表示]
ワタミがなぜメキシコ料理? 和民っぽさはゼロだった(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ワタミがなぜメキシコ料理? 和民っぽさはゼロだった(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
人気のガイコツモチーフ「メキシカンスカル」がポップなイメージであしらわれている
天井が鏡張りになった個室「ピンクルーム」は6人まで使用可能
天井が鏡張りになった個室「ピンクルーム」は6人まで使用可能
[画像のクリックで拡大表示]
鉄板にのった肉料理にテキーラを使った特製のソースをかけ、テーブルでフランベする「ファフィータ」は盛り上がりそう
鉄板にのった肉料理にテキーラを使った特製のソースをかけ、テーブルでフランベする「ファフィータ」は盛り上がりそう
[画像のクリックで拡大表示]
ビーフ、ポーク、チキンが一度に味わえると人気の「トリプルコンボファフィータ」(2980円)
ビーフ、ポーク、チキンが一度に味わえると人気の「トリプルコンボファフィータ」(2980円)
[画像のクリックで拡大表示]
「おそらく日本でもこの店にしかないのでは」(ワタミ)という、カクテルをシェイクするマシン「サイクルシェイカー」。19世紀の米国のバーで広く使われていたものをもとに手作り自転車店で再現してもらったものだという
「おそらく日本でもこの店にしかないのでは」(ワタミ)という、カクテルをシェイクするマシン「サイクルシェイカー」。19世紀の米国のバーで広く使われていたものをもとに手作り自転車店で再現してもらったものだという
[画像のクリックで拡大表示]