「ファスト焼き肉」はフランチャイズしやすい

 当面は都心の繁華街を中心に店舗を増やす方針。1号店は新橋という土地柄30~40代の男性がターゲットだが、女性1人でも立ち寄れるような内装を意識したという。

ウシをモチーフにしたイラストが並ぶ
ウシをモチーフにしたイラストが並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
ダイニングイノベーションの西山知義会長
ダイニングイノベーションの西山知義会長
[画像のクリックで拡大表示]

 今後は郊外にも進出し、ファミリー層も狙う。郊外店はカウンターではなくテーブル席が中心で、ロースターも1人ひとつではなくテーブルごとになる可能性もある。そう考えると厳密には「1人焼き肉」業態とはいえないだろう。だが、家族で来店する場合も、滞在時間はさほど伸びないと西山会長は見込む。「家族4人で来店して1人300gの肉がついたセットを食べたとしても、合計4800円。家族全員でこの値段で焼き肉を食べられる店はほかにないのでは」(西山会長)。小さな子どもがいるので外食に時間をかけたくない人も少なくないだろう。そうした人にとっては、料理の提供が早く、しかも低価格である「ファスト焼き肉」は響くかもしれない。

 また、肉のカットが不要で、調理は客自ら担当するという点で従業員の教育にかかる時間も少ない。そのためフランチャイズしやすい業態だと西山会長は考えている。「今後5年で国内300店舗を目指すが、そのうちの8割がフランチャイズになるのではないか。海外にも進出していきたい」と西山会長は意気込む。

2回目以降はカスタムメニューで注文する人も増えるだろう
2回目以降はカスタムメニューで注文する人も増えるだろう
[画像のクリックで拡大表示]
ランチタイムは「うす切カルビセット」(200g、860円)が多く出ると見込んでいるという
ランチタイムは「うす切カルビセット」(200g、860円)が多く出ると見込んでいるという
[画像のクリックで拡大表示]
サイドメニュー、酒もある
サイドメニュー、酒もある
[画像のクリックで拡大表示]
国産牛、和牛として提供している肉の産地は仕入れ状況によって変わる
国産牛、和牛として提供している肉の産地は仕入れ状況によって変わる
[画像のクリックで拡大表示]

(文/樋口可奈子)