車内体感ルームにはレアな部品がずらり

 KEIKYU 車内体感ルームはやや小ぶりで定員4人となっているが、こちらも実物の車両のシートや506号室よりも多い28種類の実物の部品が使われている。密度からいえば、504号室よりもより鉄道の部品に囲まれている感じがする。

 室内にはショーケースが設置されており、車両の銘板や速度計、行き先表示器といったレアな部品が展示されている。さらに、2代目の京急800形の運転席で使用されていた扇風機など普通ではあまり見ることができない部品も設置されている。

506号室の扉は「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」をイメージしたものに
506号室の扉は「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」をイメージしたものに
[画像のクリックで拡大表示]
扉の前には駅のホームにある乗車目標が貼ってある
扉の前には駅のホームにある乗車目標が貼ってある
[画像のクリックで拡大表示]
定員4人と小ぶりの室内だが、鉄道部品は28種類使われており、密度は高い
定員4人と小ぶりの室内だが、鉄道部品は28種類使われており、密度は高い
[画像のクリックで拡大表示]
日ノ出町駅の看板と部品を収めたショーケースがある
日ノ出町駅の看板と部品を収めたショーケースがある
[画像のクリックで拡大表示]
ショーケースには銘板や速度計など様々な部品が飾られている
ショーケースには銘板や速度計など様々な部品が飾られている
[画像のクリックで拡大表示]
京急2000形車両の銘板
京急2000形車両の銘板
[画像のクリックで拡大表示]
運転席の速度計や行き先表示器など
運転席の速度計や行き先表示器など
[画像のクリックで拡大表示]
壁面にはドアの開閉装置や運転士と車掌が連絡を取り合うブザーなどを設置。ボタン類は鉄道ファンでなくとも1度は押してみたいものだ
壁面にはドアの開閉装置や運転士と車掌が連絡を取り合うブザーなどを設置。ボタン類は鉄道ファンでなくとも1度は押してみたいものだ
[画像のクリックで拡大表示]
非常通報器も押せる
非常通報器も押せる
[画像のクリックで拡大表示]
2代目の京急800形の運転席に付いていた扇風機
2代目の京急800形の運転席に付いていた扇風機
[画像のクリックで拡大表示]