高級フレンチレストランなどを国内外に展開するひらまつがホテル事業に本格参入。直営1号店となる「ザ・ひらまつ ホテルズ アンド リゾーツ 賢島」が7月15日、伊勢志摩サミットの舞台となった三重県志摩市に開業した。

 近鉄賢島駅から送迎バスで約9分。伊勢志摩を代表する英虞(あご)湾を一望できる絶好のロケーションに同社初のホテルが建つ。民間企業の保養所だった建物をリノベーションしたというホテルは、斬新な外観が印象的。古い建物を大きな金網ですっぽり包んでしまったようなデザインになっている。設計デザインを手がけたのは、国内外で活躍するデザイナー・森田恭通氏。斬新ながらもナチュラル感のあるインテリアで居心地の良い空間に仕上がっている。

 レストラン業35年の歴史がある同社は、20年ほど前からホテル事業を構想。3年前にようやく現在地と出会い、平松博利会長自ら訪れて出店を決断した。「三重という土地は、都会の喧騒(けんそう)から離れていて自然が豊か、食材の宝庫でもある。レストラン業でこれまで培ってきたクオリティの高い料理で地元の食材を生かし、最高のおもてなしをしていきたい」と、同社の陣内孝也社長はホテル進出の狙いを語る。

 コンセプトは「滞在するレストラン」。食を目当てに訪れるホテルと位置づけ、癒やしの空間とサービスを提供することで、従来型のホテルと一線を画す。「フランスにはオーベルジュという、宿泊設備を備えた三ツ星レストランもある。いわゆる西洋旅館。日本における西洋旅館をめざす」(陣内社長)という。

 同社は、2015年9月、奈良県桜井市に開店した「オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井」の指定管理者に選ばれて同店を運営。レストランのおもてなしの精神をホテルに生かし、独自でノウハウを蓄積してきた。今後は賢島を皮切りに、2016年10月27日に熱海、同年12月末に箱根に出店。さらに2017年夏には沖縄にも新規開業する。いずれもリゾート立地のスモールラグジュアリーホテルで、海外にも発信していきたい考えだ。

ひらまつの直営ホテル1号店「ザ・ひらまつ ホテルズ アンド リゾーツ 賢島」。最寄り駅は近鉄賢島駅
ひらまつの直営ホテル1号店「ザ・ひらまつ ホテルズ アンド リゾーツ 賢島」。最寄り駅は近鉄賢島駅
[画像のクリックで拡大表示]
斬新ながらも自然に溶け込む外観デザインが特徴
斬新ながらも自然に溶け込む外観デザインが特徴
[画像のクリックで拡大表示]
伊勢志摩サミットを機に、英虞(あご)湾に面したロケーションには高級ホテルが続々オープン。同ホテルからも英虞湾の絶景を満喫できる
伊勢志摩サミットを機に、英虞(あご)湾に面したロケーションには高級ホテルが続々オープン。同ホテルからも英虞湾の絶景を満喫できる
[画像のクリックで拡大表示]
増築した別棟の客室は石造りの温泉風呂付き。同タイプの部屋は全部で4室ある
増築した別棟の客室は石造りの温泉風呂付き。同タイプの部屋は全部で4室ある
[画像のクリックで拡大表示]
エントランスラウンジに面した開放感のあるテラスはリゾートホテルならではの雰囲気
エントランスラウンジに面した開放感のあるテラスはリゾートホテルならではの雰囲気
[画像のクリックで拡大表示]
森田恭通氏による斬新なインテリアデザインも見どころ。伝統的ななぐり加工のオーク材に本革を組み合わせた立体的な壁面が気分を一層盛り上げる
森田恭通氏による斬新なインテリアデザインも見どころ。伝統的ななぐり加工のオーク材に本革を組み合わせた立体的な壁面が気分を一層盛り上げる
[画像のクリックで拡大表示]
エントランスラウンジには現代アートの先駆者、草間彌生氏の作品を展示。館内の随所で鑑賞できるのはうれしい
エントランスラウンジには現代アートの先駆者、草間彌生氏の作品を展示。館内の随所で鑑賞できるのはうれしい
[画像のクリックで拡大表示]

客室はわずか8室。温泉付き客室も

 建物はリノベーションした2階建ての本棟と増築した別棟からなり、延床面積は約1400平米。客室は本棟2階に4室、別棟に4室の計8部屋のみで、「一人ひとりに寄り添い、行き届いたサービスとクオリティの高い料理を提供するため」という。

 全室が開放感のあるオーシャンビューで、英虞湾を一望できるのが一番のウリ。さらに、別棟の客室内には御影石で作られた温泉風呂まであり、アジアや欧州のリゾート地の気分を楽しめる。本棟の客室は、和と洋を融合したインテリアが特徴で、おしゃれでラグジュアリーな雰囲気が漂う。

 宿泊料金は2人で1泊2食付き、サービス料込みで1室13万円~。温泉風呂付きの別棟は16万円。高級レストランが提供する2万5000円相当のディナーをプライベートな空間で堪能できることを考えれば、決して高くはないだろう。すでに9月ごろまで予約で満室になっているそうで、部屋数が少ないだけに早めに予約したいところだ。

部屋の中央に占有の広い温泉風呂が配置された別棟のダブルルーム。風呂場には床暖房が入っていて冬場でも冷たくない。風呂の湿気が入ってこないよう空調を工夫している
部屋の中央に占有の広い温泉風呂が配置された別棟のダブルルーム。風呂場には床暖房が入っていて冬場でも冷たくない。風呂の湿気が入ってこないよう空調を工夫している
[画像のクリックで拡大表示]
奥行きのある別棟の客室はいずれも73平米でゆったりしている
奥行きのある別棟の客室はいずれも73平米でゆったりしている
[画像のクリックで拡大表示]
ナチュラルでシンプルな演出がバスタイムをよりリラックスさせてくれそう
ナチュラルでシンプルな演出がバスタイムをよりリラックスさせてくれそう
[画像のクリックで拡大表示]
アメニティには、タラソテラピー(海洋療法)で使用しているブランドのものも用意
アメニティには、タラソテラピー(海洋療法)で使用しているブランドのものも用意
[画像のクリックで拡大表示]
ヒノキ製品を製造する際に出るカンナクズを再利用したヒノキリボン。湯に浮かべて香りを楽しめるので外国人客にも受けそう
ヒノキ製品を製造する際に出るカンナクズを再利用したヒノキリボン。湯に浮かべて香りを楽しめるので外国人客にも受けそう
[画像のクリックで拡大表示]
本棟の客室は全室ツイン。和と洋を融合したインテリアが印象的。夜になると、木製のルーバー付き引き戸から漏れる柔らかな照明が雰囲気を盛り上げる。天井の凹みは満月のよう
本棟の客室は全室ツイン。和と洋を融合したインテリアが印象的。夜になると、木製のルーバー付き引き戸から漏れる柔らかな照明が雰囲気を盛り上げる。天井の凹みは満月のよう
[画像のクリックで拡大表示]
鏡に浮かぶホテルのロゴマークも森田恭通氏のデザイン。「象」と「月」という2つのモチーフを組み合わせ、たくましさや安心感、日本人の心を表現した
鏡に浮かぶホテルのロゴマークも森田恭通氏のデザイン。「象」と「月」という2つのモチーフを組み合わせ、たくましさや安心感、日本人の心を表現した
[画像のクリックで拡大表示]
壁にさりげなく飾られた絵画は東山魁夷の作品。本物にこだわったアートも同ホテルの魅力のひとつ
壁にさりげなく飾られた絵画は東山魁夷の作品。本物にこだわったアートも同ホテルの魅力のひとつ
[画像のクリックで拡大表示]
本棟のツインルーム。家具は、業務提携先の大塚家具の最上級ランクを採用している
本棟のツインルーム。家具は、業務提携先の大塚家具の最上級ランクを採用している
[画像のクリックで拡大表示]
すべての客室から英虞湾を一望できる
すべての客室から英虞湾を一望できる
[画像のクリックで拡大表示]

お目当てのディナーはプライベートルームで

 本棟1階には、7室の個室ダイニングルームがあり、部屋で食事を取るのと同じ感覚でプライベートなディナータイムを楽しめる。現在は宿泊客しか利用できないが、「オペレーションが軌道に乗れば、近隣の住民や他ホテルの宿泊客も利用できるように検討中」という。直営レストランは県内にまだ出店していないので、一般開放すればきっと人気を集めるだろう。

 ホテルの一番のウリである料理には、地産地消を基本に、伊勢志摩を代表する海の幸をふんだんに使用。フランス料理の調理技法をベースに、その日の食材に合わせてイタリアンや和をイメージしたメニューも提供する。

 料理長には、東京・広尾やパリの「レストランひらまつ」で経験を積んだ今村将人氏を抜擢。夫人の今村美穂さんも、同ホテルの女将としてスタッフを盛り立てる。

部屋ごとに用意されたプライベートなダイニングルーム。外の自然を眺めながら朝食を味わえる
部屋ごとに用意されたプライベートなダイニングルーム。外の自然を眺めながら朝食を味わえる
[画像のクリックで拡大表示]
ディナータイムになると水盤の上に炎が浮かぶ神秘的な演出も
ディナータイムになると水盤の上に炎が浮かぶ神秘的な演出も
[画像のクリックで拡大表示]
団体客向けのダイニングルーム。いずれは宿泊客以外の利用も可能になりそう
団体客向けのダイニングルーム。いずれは宿泊客以外の利用も可能になりそう
[画像のクリックで拡大表示]
窓のないダイニングルームは高い天井に豪華なシャンデリアが飾られている
窓のないダイニングルームは高い天井に豪華なシャンデリアが飾られている
[画像のクリックで拡大表示]
フレンチはもちろん、イタリアンや和食風など、レストラン出身のホテルらしく、自由な発想の本格料理をラインアップ
フレンチはもちろん、イタリアンや和食風など、レストラン出身のホテルらしく、自由な発想の本格料理をラインアップ
[画像のクリックで拡大表示]
伊勢エビ、フグ、アワビ、松坂牛など三重県内には高級食材が豊富。地産地消を基本としながらも、レストランのネットワークを生かし、全国から厳選食材を取り寄せている
伊勢エビ、フグ、アワビ、松坂牛など三重県内には高級食材が豊富。地産地消を基本としながらも、レストランのネットワークを生かし、全国から厳選食材を取り寄せている
[画像のクリックで拡大表示]

パーソナルな距離感を大切にしたタラソスパ

 女性の宿泊客におすすめなのが、タラソテラピースパだ。「タラソテラピー」とはフランス発祥の海洋療法のことで、日本で初めて導入されたのが伊勢志摩の施設ということもあり、「日本でタラソといえば伊勢志摩」というイメージが強い。

 同スパには、水深120センチのタラソプールと60センチのデッキチェアプールを用意。体温に近い35~38℃の海水プールの中でウォームアップした後、ハマムというスチームサウナで体を温め、最後にボディもしくはフェイシャルのトリートメントを行う。

 サウナで使う塩のスクラブは、自分の好みや体調に合わせてブレンド。トリートメントルームでは、主にフランス産の海藻原料をベースとするスキンケアブランド「アルゴロジー」を使用している。

 「日本にも昔から潮湯治という療法がある。海に入ることでミネラル補給やデトックス効果、利尿作用が期待できるので一度体験してほしい」と、スパ運営者の河﨑多恵氏。フィットネス感覚のタラソ施設が多いなか、ここではパーソナルな距離感を大事にし、リラクゼーションを目的としたプログラムを組んでいるという。

 利用できるのは宿泊客のみで、90分コースが2万6500円、120分コースが3万6500円(税別)。1日1、2組しか予約できないので、こちらも早めの予約がおすすめだ。

「世界で一番小さなタラソテラピーセンター」は水深が異なるふたつのプールがあり、2人1組でも利用できる
「世界で一番小さなタラソテラピーセンター」は水深が異なるふたつのプールがあり、2人1組でも利用できる
[画像のクリックで拡大表示]
ボディかフェイシャルの施術を受けられるトリートメントルーム。室内は自然光が入り、明るい雰囲気
ボディかフェイシャルの施術を受けられるトリートメントルーム。室内は自然光が入り、明るい雰囲気
[画像のクリックで拡大表示]
伊勢志摩産の天然塩に、オレンジピールやラベンダー、ミントのほか、エッセンシャルオイルなどを加えて、自分好みの香りにブレンドできる
伊勢志摩産の天然塩に、オレンジピールやラベンダー、ミントのほか、エッセンシャルオイルなどを加えて、自分好みの香りにブレンドできる
[画像のクリックで拡大表示]
シンプルでナチュラルなスパの室内
シンプルでナチュラルなスパの室内
[画像のクリックで拡大表示]
プールの後、スチームサウナでしっかり体を温めてからトリートメントを行うと効果を体感できるという
プールの後、スチームサウナでしっかり体を温めてからトリートメントを行うと効果を体感できるという
[画像のクリックで拡大表示]
リゾート感たっぷりの貸切露天風呂。泉質は低張性弱アルカリ性低温泉
リゾート感たっぷりの貸切露天風呂。泉質は低張性弱アルカリ性低温泉
[画像のクリックで拡大表示]

(文/橋長初代)

この記事をいいね!する