お目当てのディナーはプライベートルームで

 本棟1階には、7室の個室ダイニングルームがあり、部屋で食事を取るのと同じ感覚でプライベートなディナータイムを楽しめる。現在は宿泊客しか利用できないが、「オペレーションが軌道に乗れば、近隣の住民や他ホテルの宿泊客も利用できるように検討中」という。直営レストランは県内にまだ出店していないので、一般開放すればきっと人気を集めるだろう。

 ホテルの一番のウリである料理には、地産地消を基本に、伊勢志摩を代表する海の幸をふんだんに使用。フランス料理の調理技法をベースに、その日の食材に合わせてイタリアンや和をイメージしたメニューも提供する。

 料理長には、東京・広尾やパリの「レストランひらまつ」で経験を積んだ今村将人氏を抜擢。夫人の今村美穂さんも、同ホテルの女将としてスタッフを盛り立てる。

部屋ごとに用意されたプライベートなダイニングルーム。外の自然を眺めながら朝食を味わえる
部屋ごとに用意されたプライベートなダイニングルーム。外の自然を眺めながら朝食を味わえる
[画像のクリックで拡大表示]
ディナータイムになると水盤の上に炎が浮かぶ神秘的な演出も
ディナータイムになると水盤の上に炎が浮かぶ神秘的な演出も
[画像のクリックで拡大表示]
団体客向けのダイニングルーム。いずれは宿泊客以外の利用も可能になりそう
団体客向けのダイニングルーム。いずれは宿泊客以外の利用も可能になりそう
[画像のクリックで拡大表示]
窓のないダイニングルームは高い天井に豪華なシャンデリアが飾られている
窓のないダイニングルームは高い天井に豪華なシャンデリアが飾られている
[画像のクリックで拡大表示]
フレンチはもちろん、イタリアンや和食風など、レストラン出身のホテルらしく、自由な発想の本格料理をラインアップ
フレンチはもちろん、イタリアンや和食風など、レストラン出身のホテルらしく、自由な発想の本格料理をラインアップ
[画像のクリックで拡大表示]
伊勢エビ、フグ、アワビ、松坂牛など三重県内には高級食材が豊富。地産地消を基本としながらも、レストランのネットワークを生かし、全国から厳選食材を取り寄せている
伊勢エビ、フグ、アワビ、松坂牛など三重県内には高級食材が豊富。地産地消を基本としながらも、レストランのネットワークを生かし、全国から厳選食材を取り寄せている
[画像のクリックで拡大表示]