日本酒を使用したしゃぶしゃぶはたくさんあるが、こちらは100%使用
日本酒を使用したしゃぶしゃぶはたくさんあるが、こちらは100%使用

「日本酒100%しゃぶしゃぶ」はうまいのか

2016年07月20日
  • 「悠久乃蔵」(中央区銀座6-7-18 デイム銀座2階)。地下鉄銀座駅から徒歩約5分。月~金の11時半~16時半が「糀(こうじ)カフェ」、17~23時が日本酒しゃぶしゃぶ専門店「悠久乃蔵」。土日祝日は11時半~21時
  • 昼はアミノ酸やオリゴ糖食物繊維などが豊富に含まれた糀ドリンクの専門店として営業。麹だけで甘みをつけたという麹ミルクは甘酒に似た風味だが、さっぱりした味わいで飲みやすかった
  • 夜は日本酒100%のしゃぶしゃぶ店「悠久乃蔵」として営業。「100%日本酒しゃぶしゃぶセット」(1人前3900円※税込み。以下同)は、前菜3品、銀座 蔵麹豚しゃぶしゃぶ、野菜盛り、日本酒鍋、しめのご飯またはうどん
  • 創業300年以上の歴史を持つ全国の9蔵元が共同で運営。9蔵元とは源平酒造(創業1673年/福井県)、平瀬酒造(創業1623年/岐阜県)、稲田本店醸造(創業1673年/鳥取県)、玉川酒造(創業1673年/新潟県)、大賀酒造(創業1673年/福岡県)、増田徳兵衛商店(創業1675年/京都府)、白駒酒造(創業1697年/福井県)、千代の亀酒造(創業1716年/愛媛県)、室次醸造場(創業1573年/福井県)
  • 日本酒を使用したしゃぶしゃぶはたくさんあるが、こちらは100%使用
  • 沸騰したところで火をつけてアルコール分を飛ばすので、酒が飲めない人や子どもでも食べられる
  • しゃぶしゃぶ単品を注文すると、鍋ひとつにつき日本酒が一升瓶で1本付く。使用する日本酒は「本醸造」(3600円)、純米酒(4200円)、純米大吟醸(6000円)から選べる。野菜、雑炊付き。豚肉や海鮮盛りは別途注文が必要
  • 鍋の中に日本酒がなみなみと注がれる
  • 沸騰してから約2分半で火をつけると、炎が上がった
  • 麹を食べて飼育された「銀座蔵麹豚」。たしかにアクの出方は少なく、軟らかくてジューシーだった
  • カフェタイムには麹を使った「糀かき氷」(1000円~)も提供
  • プラス500円で酒粕・麹・ココナッツバージンオイル・薬膳・イタリアントマト・グリーンカレーなどのトッピングが追加可能。写真はココナッツバージンオイルを入れたものだが、日本酒のかすかな苦味が消えてまろやかになり、食べやすくなった
  • 「麹の健康効果を、世界に広めたい。これからは、麹が世界を変える時代が来る」と語る源平酒造の萩原敦士社長