大阪市中央区の大阪城公園内に2017年6月22日、飲食店など22店舗が集積する複合商業施設「JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ、以下ジョーテラス)」が開業した。

 JR大阪環状線大阪城公園駅から大阪城ホールまでのエリアに作られたもので、7棟の建物からなり、延床面積は約5000平方メートル。飲食店を中心に、ランナーサポートや和装体験の施設、外国人観光客にも対応するインフォメーションなど、大阪城と界隈を満喫できる利便性の高い施設が集結した。

 大阪城公園はこれまで大阪市と外郭団体が管理運営してきたが、2年前に運営主体を大阪城パークマネジメント(大阪市)に移行。2012年に策定された「大阪都市魅力戦略」に基づき、世界的な歴史観光拠点をめざして新たな魅力とにぎわいの創出に取り組んできた。2016年度にはインバウンドの増加も手伝い、天守閣の来場者数が過去最高の255万人を突破。姫路城を抜いて日本一来場者が多い城になった。公園全体では年間1000万人以上が訪れるという。「にもかかわらず、公園内に食事ができる施設がまったくなかった。今日を機に朝から夜まで公園で過ごしていただけるようになった」と、同社の木下健治社長は語る。

 ジョーテラスと最寄り駅のJR大阪城公園駅とはペデストリアンデッキで直結。高齢者や障害者がアクセスしやすくなったほか、小さな子供連れ向けに授乳室も設置された。今回オープンしたのは20店舗で、10月には和モダンのフードコート&店舗、12月にはミシュランシェフ監修のコース料理を堪能できるフレンチレストランがオープンする。

 早くも話題のジョーテラスの注目店舗をまとめた。

JR大阪城公園駅前にお目見えした複合商業施設「ジョー・テラス・オオサカ」。7棟の建物に飲食、物販など計22店舗が入る。延床面積約5000平方メートルで長さにすると150メートル
JR大阪城公園駅前にお目見えした複合商業施設「ジョー・テラス・オオサカ」。7棟の建物に飲食、物販など計22店舗が入る。延床面積約5000平方メートルで長さにすると150メートル
[画像のクリックで拡大表示]
自然と調和した設計で、緑豊かな公園のなかを散歩しながら店を見て回ることができる
自然と調和した設計で、緑豊かな公園のなかを散歩しながら店を見て回ることができる
[画像のクリックで拡大表示]
オフィスビルやホテル、ホールなどが集積し、就業人口約3万7000人の大阪ビジネスパークからも至近にある
オフィスビルやホテル、ホールなどが集積し、就業人口約3万7000人の大阪ビジネスパークからも至近にある
[画像のクリックで拡大表示]
大きなひさしが特徴的なBテラスには、大阪発祥のふわふわパンケーキ専門店「グラム」と、昔懐かしい喫茶店のメニューを味わえる「駅前パーラー」、パイ生地のピザが有名な「イタリアンダイニング ナトゥーラ」が軒を連ねる
大きなひさしが特徴的なBテラスには、大阪発祥のふわふわパンケーキ専門店「グラム」と、昔懐かしい喫茶店のメニューを味わえる「駅前パーラー」、パイ生地のピザが有名な「イタリアンダイニング ナトゥーラ」が軒を連ねる
[画像のクリックで拡大表示]
JR大阪城公園駅とは約60メートルのペデストリアンデッキで直結。2階の改札から階段を降りずに移動できるバリアフリー設計。エレベーターは電車の始発と終電に合わせて稼働する
JR大阪城公園駅とは約60メートルのペデストリアンデッキで直結。2階の改札から階段を降りずに移動できるバリアフリー設計。エレベーターは電車の始発と終電に合わせて稼働する
[画像のクリックで拡大表示]

天守閣を一望できる絶好のロケーション

 一番の魅力は、大阪城の天守閣を間近で見ながら公園の緑のなかで食事を楽しめる点だ。残念ながらすべての店舗から天守閣が見えるわけではないが、テラス席を設けた開放感のある店舗が多い。また、緑豊かな公園の自然環境と調和した、ナチュラルでモダンな外観や店舗デザインも居心地の良さにつながっている。

 天守閣を望みながらゆっくりと食事を楽しめるスポットとしておすすめなのが、Fテラス2階のブッフェレストラン&BBQ「グッドスプーン」。大阪・南堀江の人気カフェが手がけるBBQと肉料理を堪能できる店舗で、インテリアデザインのカームデザインが展開する。

 いち押しのメニューは、BBQ禁止の大阪城公園内で唯一楽しめるBBQコース。予約不要でテラス席の専用テーブルが空いていればすぐに楽しめるが、しばらくは行列必至だ。4種類のミートを楽しめるミートプラッターも予想以上に好評という。同店では「オールデーブランチ&ディナー」をコンセプトに、チョップサラダやエッグベネディクト、マフィンサンドなど女性に人気のメニューも充実。70席のテラス席は屋根付きなので雨の日でも安心して食事を楽しめそうだ。

 ラーメン店とは思えないスタイリッシュな空間で、こだわりのラーメンと樽生クラフトビールを味わえるEテラス1階の「タカヒロ」も注目店のひとつ。「人類みな麺類」「世界一暇なラーメン屋」など行列のできるラーメン店で知られるウンチの新業態で、世界進出のための拠点に位置付けているという。系列店では味わえないカツオだし100%の醤油ラーメンと、オーナー自ら飲み歩いて探したクラフトビールを提供。店内には200インチの大画面モニターが設置されていて、アーティストのライブ映像が観られるのもうれしい。「大阪城ホールの公演を観に来た人にも楽しんでほしいので、その日公演するアーティストの映像を流す予定だ」(同店スタッフ)。

 ほかには、和のテイストをモダンに表現したラウンジ&ビストロ「テイスト オブ ザ ランドマーク スクエア オオサカ」や、パイ生地を使ったピザで有名なイタリアンダイニング「ナトゥーラ」にも注目したい。ぜいたくな空間で本格的な料理を楽しむという、これまで大阪城公園ではできなかった体験が人気を集めている。

南堀江の人気カフェ「グッドスプーン」の2店舗目。全136席のうち、BBQができるテラス席は70席。周囲の自然となじむように、天井から床まで全面木で統一されたおしゃれな内装が印象的
南堀江の人気カフェ「グッドスプーン」の2店舗目。全136席のうち、BBQができるテラス席は70席。周囲の自然となじむように、天井から床まで全面木で統一されたおしゃれな内装が印象的
[画像のクリックで拡大表示]
BBQコースは2種類あり、飲み放題付きBBQプレート4800円、同じくSP BBQプレート6800円。飲み放題なしも可能。人気のミートプラッターランチは1人前1880円~
BBQコースは2種類あり、飲み放題付きBBQプレート4800円、同じくSP BBQプレート6800円。飲み放題なしも可能。人気のミートプラッターランチは1人前1880円~
[画像のクリックで拡大表示]
タカヒロオリジナルの「醤油らーめん」は100グラム520円、150グラム880円。カツオだしベースのしょうゆスープに、麺は極細の全粒粉麺を使用。レアチャーシューと穂先メンマが味をいっそう引き立てる
タカヒロオリジナルの「醤油らーめん」は100グラム520円、150グラム880円。カツオだしベースのしょうゆスープに、麺は極細の全粒粉麺を使用。レアチャーシューと穂先メンマが味をいっそう引き立てる
[画像のクリックで拡大表示]
クールジャパンのテイストを空間と食事で表現する和モダンラウンジ&ビストロ「テイスト オブ ザ ランドマーク スクエア オオサカ」。現代的なデザインのなかに和のテイストを融合したインテリアの店内
クールジャパンのテイストを空間と食事で表現する和モダンラウンジ&ビストロ「テイスト オブ ザ ランドマーク スクエア オオサカ」。現代的なデザインのなかに和のテイストを融合したインテリアの店内
[画像のクリックで拡大表示]
約200グラムものボリューム満点の牛フィレ肉を、フランス・ゲランド産の塩を加えた抹茶塩で味わう一品。その日に仕入れた地元野菜のグリルを添えて。3500円(テイスト オブ ザ ランドマーク スクエア オオサカ)
約200グラムものボリューム満点の牛フィレ肉を、フランス・ゲランド産の塩を加えた抹茶塩で味わう一品。その日に仕入れた地元野菜のグリルを添えて。3500円(テイスト オブ ザ ランドマーク スクエア オオサカ)
[画像のクリックで拡大表示]
ランチで提供される「お重アフタヌーンティー」は大阪の地の食材を採用し、和の要素を加えたオリジナルメニュー。自家製バンズのバーガーやスコーンなど約13種類の料理と、ドイツのロンネフェルト社の紅茶などを味わえる。2500円(テイスト オブ ザ ランドマーク スクエア オオサカ)
ランチで提供される「お重アフタヌーンティー」は大阪の地の食材を採用し、和の要素を加えたオリジナルメニュー。自家製バンズのバーガーやスコーンなど約13種類の料理と、ドイツのロンネフェルト社の紅茶などを味わえる。2500円(テイスト オブ ザ ランドマーク スクエア オオサカ)
[画像のクリックで拡大表示]
心斎橋などでイタリアンダイニングを展開する「ペスカ」の4店舗目。ガラス窓で囲まれた「ナチゥーラ」の店内には自然光がふんだんに振り注ぎ、開放感たっぷり
心斎橋などでイタリアンダイニングを展開する「ペスカ」の4店舗目。ガラス窓で囲まれた「ナチゥーラ」の店内には自然光がふんだんに振り注ぎ、開放感たっぷり
[画像のクリックで拡大表示]
「ナトゥーラ」のいち押しメニューはパイ生地で作ったピザ「パイッツァ」。なかでも、ビスマルク風パイッツァは10数年来の一番人気。パイッツァランチは5種類あり、スープ、サラダ付きで1000円から
「ナトゥーラ」のいち押しメニューはパイ生地で作ったピザ「パイッツァ」。なかでも、ビスマルク風パイッツァは10数年来の一番人気。パイッツァランチは5種類あり、スープ、サラダ付きで1000円から
[画像のクリックで拡大表示]

たこ焼きからフレンチまで、個性豊かな飲食店が勢ぞろい

 飲食店のジャンルはとにかく幅広く、大阪のソウルフードであるたこ焼き、お好み焼きから、すき焼き、うどんなどの和食、フレンチ、イタリアン、ハワイアン、パンケーキ、クレープなどのスイーツ、カフェまでそろっている。いずれの店舗もコンセプトが明確で、料理にも個性があるので、「次回来たときは他の店舗に行ってみよう」という気にさせる構成だ。

 Eテラス1階のハワイアングルメ「アロハフードホールSHO-GI」は、ハワイアンスタイルのフードコートで6店舗が出店。ハワイで人気のグルメバーガーショップ「ホノルルバーガーカンパニー」と、アラモアナショッピングセンター内にある肉グリルのランチボックス店「アラモアナ・ボウルズグリル」、シェイブアイスと綿あめが人気の「カカアコ コットンスイーツファクトリー」が、フランチャイズ店として日本初上陸した。

 神戸元町の人気クレープ専門店「ヒステリックジャム」は、2店舗目を出店。クレープは約120種類あり、作りたてのフレッシュな生クリームと製菓用のクーベルチュールチョコレートを使っているのが特徴だ。

日本初上陸の人気店を含め、全6店舗でハワイ料理を提供するフードホール「アロハフードホールSHO-GI」。店内の壁面にはサーフボードが飾られ、本場ハワイの空気感たっぷり。総席数は120席以上
日本初上陸の人気店を含め、全6店舗でハワイ料理を提供するフードホール「アロハフードホールSHO-GI」。店内の壁面にはサーフボードが飾られ、本場ハワイの空気感たっぷり。総席数は120席以上
[画像のクリックで拡大表示]
牧草のみを食べて育った牛の肉だけを使用する「ホノルルバーガーカンパニー」の日本限定バーガー「カメハメハトリプルバーガーセット」2500円。「カカアココットンスイーツファクトリー」のアサイーボウル850円~。ハワイスタイルのドリンクを提供する「サーフライダーバー」のカクテル520円
牧草のみを食べて育った牛の肉だけを使用する「ホノルルバーガーカンパニー」の日本限定バーガー「カメハメハトリプルバーガーセット」2500円。「カカアココットンスイーツファクトリー」のアサイーボウル850円~。ハワイスタイルのドリンクを提供する「サーフライダーバー」のカクテル520円
[画像のクリックで拡大表示]
和洋折衷、四季折々の料理を提供するブッフェスタイルの大型レストラン「城の森ダイニング」。海外からの団体客やパーティも受け付ける
和洋折衷、四季折々の料理を提供するブッフェスタイルの大型レストラン「城の森ダイニング」。海外からの団体客やパーティも受け付ける
[画像のクリックで拡大表示]
大阪発祥のパンケーキ専門店「グラム」の店内には大きな樹木が植えられ、ナチュラルな雰囲気。数量、時間限定販売のプレミアムパンケーキがおすすめ
大阪発祥のパンケーキ専門店「グラム」の店内には大きな樹木が植えられ、ナチュラルな雰囲気。数量、時間限定販売のプレミアムパンケーキがおすすめ
[画像のクリックで拡大表示]
「駅前パーラー」では朝8時からモーニングセットを提供。懐かしい純喫茶を思わせる落ち着いた内装で、中高年の客が多い
「駅前パーラー」では朝8時からモーニングセットを提供。懐かしい純喫茶を思わせる落ち着いた内装で、中高年の客が多い
[画像のクリックで拡大表示]
神戸元町の行列ができる人気クレープ店「ヒステリックジャム」。洋菓子店が使うようなフレッシュで点てたての生クリームと、製菓用のクーベルチュールチョコレートを使っているのが特徴。7月からは同店限定のタピオカ台湾ミルクティーとココナツミルクティーも販売
神戸元町の行列ができる人気クレープ店「ヒステリックジャム」。洋菓子店が使うようなフレッシュで点てたての生クリームと、製菓用のクーベルチュールチョコレートを使っているのが特徴。7月からは同店限定のタピオカ台湾ミルクティーとココナツミルクティーも販売
[画像のクリックで拡大表示]
一番人気は、カスタード、マスカルポーネクリーム、生クリーム、バニラクリームが4層になったプレミアムシリーズの「クレームブリュレ」で、スプーンで上品に食べる
一番人気は、カスタード、マスカルポーネクリーム、生クリーム、バニラクリームが4層になったプレミアムシリーズの「クレームブリュレ」で、スプーンで上品に食べる
[画像のクリックで拡大表示]

ランナーサポート施設と和装体験スタジオも

 大阪城公園ならではの施設としては、ランナーや観光客向けの店舗も見逃せない。絶好のランニングコースでもある大阪城公園には、週末にもなると500~600人のランナーが訪れる。JR森ノ宮駅に近い商業施設「もりのみやキューズモールベース」内にはアディダスが運営するランベースオオサカはあるが、公園内のランナーサポート施設としては「ランニングベース大阪城」が初となる。

 インバウンド狙いで和装体験のサービスを提供するのが「麺菓装」だ。1階はうどんと和スイーツの飲食店、2階には舞妓や花魁(おいらん)、忍者の衣装を着て撮影できるスタジオを設置。浴衣、着物のレンタルは着付け料込みで1日2980円から、花魁体験は簡易タイプで9800円からで、舞妓姿で大阪城をバックに撮影もできる。「国内の観光客にとっても、京都まで行かなくても体験できると好評」(同店)だ。

大阪城公園内で初めて開設されたランニングサポート施設「ランニングベース大阪城」は、スポーツクラブを全国に70店舗展開するスポーツクラブNASが運営。シャワールームが女性用に7つ、男性用に5つあり、充実した設備が特徴。施設利用料は600円。平日7時~22時30分、土日祝7時30分~20時
大阪城公園内で初めて開設されたランニングサポート施設「ランニングベース大阪城」は、スポーツクラブを全国に70店舗展開するスポーツクラブNASが運営。シャワールームが女性用に7つ、男性用に5つあり、充実した設備が特徴。施設利用料は600円。平日7時~22時30分、土日祝7時30分~20時
[画像のクリックで拡大表示]
サロモンの最新モデルのラン二ングシューズ(有料)と、スントのGPS機能付きウォッチ(無料)をレンタルできる。手ぶらパック(タオルセット、ウェア上下、シューズのセット)1000円
サロモンの最新モデルのラン二ングシューズ(有料)と、スントのGPS機能付きウォッチ(無料)をレンタルできる。手ぶらパック(タオルセット、ウェア上下、シューズのセット)1000円
[画像のクリックで拡大表示]
英語、中国語、韓国語に対応できるスタッフが常駐する「インフォメーション」。大阪城ならではの商品や大阪土産を販売する公式ショップを併設
英語、中国語、韓国語に対応できるスタッフが常駐する「インフォメーション」。大阪城ならではの商品や大阪土産を販売する公式ショップを併設
[画像のクリックで拡大表示]
和装体験ができる「麺菓装」の2階には、レンタル用の浴衣と着物、草履、小物などがずらり並ぶ。着付け料込みで1日2980円から、忍者衣装は1500円。1泊2日はプラス2000円
和装体験ができる「麺菓装」の2階には、レンタル用の浴衣と着物、草履、小物などがずらり並ぶ。着付け料込みで1日2980円から、忍者衣装は1500円。1泊2日はプラス2000円
[画像のクリックで拡大表示]
ヘアメイク、着付けからスタジオ撮影、写真仕上げまで対応してくれる花魁体験は、30分9800円~。舞妓体験はロケーション撮影付きで2時間3万8000円~
ヘアメイク、着付けからスタジオ撮影、写真仕上げまで対応してくれる花魁体験は、30分9800円~。舞妓体験はロケーション撮影付きで2時間3万8000円~
[画像のクリックで拡大表示]

今年もハウステンボスの人気プールが登場

 大阪城公園では、昨年15万人を集めた「大阪城ウォーターパーク バイ ハウステンボス」が7月15日~8月31日まで開催される。今年は、最新のLEDを駆使した光のトンネルを滑走するロングスライダーと、高さ10メートルからの急降下と急上昇を一気に体感できるブーメランスライダーが日本初登場。夜になると一転、大人向けの演出に切り替わり、5万個のカラーボールにマッピング映像が映し出される幻想的なナイトプールも楽しめる。昨年よりスペースも拡大。今年は約20万人の来場を予定しているという。

 さらに、10月には、本丸広場の歴史的建造物「旧第四師団司令部庁舎 (元大阪市立博物館)」が、飲食と物販と歴史体験の複合施設「MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」としてオープンする予定だ。

昨年15万人を集客し、今夏も開催される「大阪城ウォーターパーク バイ ハウステンボス」。子供から大人までをターゲットに、今年は20万人の来場を計画している
昨年15万人を集客し、今夏も開催される「大阪城ウォーターパーク バイ ハウステンボス」。子供から大人までをターゲットに、今年は20万人の来場を計画している
[画像のクリックで拡大表示]
120メートルのロングスライダーは今年バージョンアップして登場
120メートルのロングスライダーは今年バージョンアップして登場
[画像のクリックで拡大表示]

(文/橋長初代)

この記事をいいね!する