人気のフレンチフライ、初上陸ビールが並ばずに楽しめる

 フードエリアで注目したいのは、米国ニューヨークのビール醸造所「Brooklyn Brewery(ブルックリン ブリュワリー)」が提供する「ブルックリン EIPA」。これまで日本では瓶入りしか販売されておらず、樽ビールが提供されるのは日本初とのこと。華やかな香りとスッキリした味わいが特徴で、本場では男女を問わず好まれているビールだという。

「ブルックリンEIPA」(880円)。EIPAはイーストインディア・ペールエールの略。苦みは控えめで、エールビールならではの軽い飲み口。樽ビールはほかに「ブルックリンラガー」「常陸野ホワイトエール」(各880円)、ベイクルーズが運営するJ’S BURGERS CAFEオリジナルの「J.Sビアー」(780円)の3種類を販売
「ブルックリンEIPA」(880円)。EIPAはイーストインディア・ペールエールの略。苦みは控えめで、エールビールならではの軽い飲み口。樽ビールはほかに「ブルックリンラガー」「常陸野ホワイトエール」(各880円)、ベイクルーズが運営するJ’S BURGERS CAFEオリジナルの「J.Sビアー」(780円)の3種類を販売
[画像のクリックで拡大表示]

 その隣には、東京・広尾に本店を構えるフレンチフライの人気店「AND THE FRIET」(アンド ザ フリット)が出店。直営店では8種類ほどあるメニューを看板メニューの「ビンチェ」1種類に絞り、フレーバーも減らして提供までの時間を短縮している。混雑時は行列ができることでも有名な同店だが、ここではさほど並ばずに購入できそうだ。

フレンチフライは注文が受けてから2度揚げしているので、常に揚げたてホクホク。写真はレギュラーサイズ500円。ラージは600円。フレーバーは「プレーンソルト」「のりしおリッチ」「ガーリック&バジル」の3種類から選べる。プラス250円でドリンク「ハニーレモンソーダ」も付けられるほか、ハイボール(500円)も販売
フレンチフライは注文が受けてから2度揚げしているので、常に揚げたてホクホク。写真はレギュラーサイズ500円。ラージは600円。フレーバーは「プレーンソルト」「のりしおリッチ」「ガーリック&バジル」の3種類から選べる。プラス250円でドリンク「ハニーレモンソーダ」も付けられるほか、ハイボール(500円)も販売
[画像のクリックで拡大表示]

 ベイクルーズ直営の「KIOSK(キオスク)」では、ポップコーンやポテトチップス、ジンジャーエールなどのソフトドリンクを販売。さらに渋谷のカフェ・ダイニングバー「GOOD MEALS SHOP」(グッド ミールズ ショップ)のオリジナルアイスケーキも扱う。ストロベリーチーズのフレーバーを試食したが、クランブルと呼ばれるクッキー生地がふんだんにトッピングされており、かなりの食べ応え。土日祝日はフードエリアの全店舗が昼の12時から営業しているので、ビアガーデンとしてだけでなくオープンカフェとしても使えそうだ。

グッドミールズショップの店内で手作りされているというオリジナルアイスケーキ。写真左から、ストロベリーチーズ、チョコレートブラウニー、ティラミス。各500円
グッドミールズショップの店内で手作りされているというオリジナルアイスケーキ。写真左から、ストロベリーチーズ、チョコレートブラウニー、ティラミス。各500円
[画像のクリックで拡大表示]