2016年5月27日、池袋駅に隣接するルミネ池袋8階にスタンディング形式のビアガーデン「THE ROOFTOP FLEA」(ザ ルーフトップ フリー)がオープンした。手がけるのはセレクトショップ「ジャーナルスタンダード」「IENA」などを手がけ、カフェ「J.S. BURGERS CAFE」やブーランジェリー「ゴンドランシェリエ 東京」といった飲食業も展開しているベイクルーズ。同社が運営する9階のバーベキュービアガーデンに合わせて、9月末日まで営業する予定だ。

ルミネ池袋の8階レストランフロアに直結した屋外の「イケレスガーデン」にオープンしたザ ルーフトップ フリー。営業時間は平日17~23時、土日祝日は12~23時(アパレルショップは21時半に閉店)
ルミネ池袋の8階レストランフロアに直結した屋外の「イケレスガーデン」にオープンしたザ ルーフトップ フリー。営業時間は平日17~23時、土日祝日は12~23時(アパレルショップは21時半に閉店)
[画像のクリックで拡大表示]

 ザ ルーフトップ フリーは、フード&ドリンクスタンド3店舗と雑貨や洋服を販売するアパレルショップ2店舗で構成されており、フロアには植物をぐるりと取り囲むような形の木製スタンディングカウンター、その脇にベンチが置かれている。2015年まで開放していた屋外エリアを利用しており、店舗数も少ないのでフロア全体は広々としている。立ち飲みスタイルといえども、落ちついてゆっくり飲めそうな雰囲気だ。

 フード&ドリンクスタンドは商品を購入し、その場で支払うキャッシュオン形式を採用。待ち合わせ前や仕事帰りなどに気軽に立ち寄れる「ちょい飲み」を意識したという。

フードスタンドの正面に配置されたスタンディングバーは約50人まで対応。その横のベンチには約20人ほどが座れる想定
フードスタンドの正面に配置されたスタンディングバーは約50人まで対応。その横のベンチには約20人ほどが座れる想定
[画像のクリックで拡大表示]