カープファン必見のエンタメ施設

 ジ アウトレット広島のコンセプトは「本格的アウトレット」「エンターテインメント」「地域との出会い(ローカリゼーション)」の3つ。なかでも注目は、広島最大級のエンターテインメントゾーン「ほしかげシティ」だ。

 通年型の屋内アイススケートリンク「ワンダーリンク」ではスケートだけでなく、カーリングや滑りながらぶつかって遊ぶ乗り物「アイスバンパーカー」を楽しめるほか、巨大トランポリンパークも併設。さらに総合アミューズメント施設「プラサカプコン」には、ボウリングや最新VR、スポーツシミュレーションゲーム、カラオケなど多彩なアミューズメントを集めた。

 ボウリング場ではカープ球団をデザインモチーフにしたカープレーンがあったり、球団マスコットのカープ坊やがゲームを盛り上げてくれたりと、カープファンにはうれしい演出も用意。マルチVRを多数導入したコーナーでは、6人同時にプレーを楽しめる国内初登場の「ゾンビウェイ」などを楽しめる。バーチャルとリアルを融合した野球ゲーム「レジェンドベースボール」は、ココにしかないカープ球団デザインの特別仕様だ。近隣に住む若いカップルは「なんでもそろっていて一日中遊べるので毎日でも来たい。スポーツが好きなので、カーリングやVRに挑戦したい」と笑顔で話す。

 スケートリンクのあるワンダーリンクは、愛知県の「イオンモール常滑」にも導入されている。イオンはインドネシアの「イオンモールジャカルタガーデンシティ」にスケートリンク、ベトナムの「イオンモールビンタン」にボウリング場を設けるなど、東南アジアのモールではエンタメ施設を充実させ、コト消費への対応を強化してきた。「ジ アウトレット広島にも体感型エンタメ施設を作れないか検討し、東南アジアで培ったノウハウを導入した」と吉田社長。ほしかげシティは飲食ゾーンとつながっており、家族づれや若者の集客に大きな効果が期待できそうだ。

広島唯一の通年型スケートリンク「ワンダーリンク」では、カーリングやアイスバンパーカーも体験できる
広島唯一の通年型スケートリンク「ワンダーリンク」では、カーリングやアイスバンパーカーも体験できる
[画像のクリックで拡大表示]
スケートリンクの横には、トランポリンが楽しめるアミューズメントスペースも併設
スケートリンクの横には、トランポリンが楽しめるアミューズメントスペースも併設
[画像のクリックで拡大表示]
総合アミューズメント施設「プラサカプコン」のボーリング場には、カープ球団をデザインモチーフにしたカープレーンが登場。
総合アミューズメント施設「プラサカプコン」のボーリング場には、カープ球団をデザインモチーフにしたカープレーンが登場。
[画像のクリックで拡大表示]
ボーリングのボールにも、カープ坊やがデザインされ、ゲームをいっそう盛り上げてくれる
ボーリングのボールにも、カープ坊やがデザインされ、ゲームをいっそう盛り上げてくれる
[画像のクリックで拡大表示]
多人数で楽しめるマルチVRを多数導入したVRコーナー。6人同時プレイが楽しめる「ゾンビウェイ」は国内初登場。カプコンの人気ゲーム「モンスターハンター」とコラボしたアクションVRも西日本初
多人数で楽しめるマルチVRを多数導入したVRコーナー。6人同時プレイが楽しめる「ゾンビウェイ」は国内初登場。カプコンの人気ゲーム「モンスターハンター」とコラボしたアクションVRも西日本初
[画像のクリックで拡大表示]
バーチャルとリアルが融合した新感覚スポーツゲームでは、野球だけでなく、サッカー、アーチェリーなども体験できる。「レジェンドベースボール」はカープ球団デザインの特別仕様
バーチャルとリアルが融合した新感覚スポーツゲームでは、野球だけでなく、サッカー、アーチェリーなども体験できる。「レジェンドベースボール」はカープ球団デザインの特別仕様
[画像のクリックで拡大表示]
広島のプロスポーツ4チームを応援できる、カフェ&グッズ店「366 スポーツヒロシマ」。カープやサンフレッチェ、JTサンダーズ、ドラゴンフライズのグッズ販売のほか、カフェスペースではスポーツ観戦もできる
広島のプロスポーツ4チームを応援できる、カフェ&グッズ店「366 スポーツヒロシマ」。カープやサンフレッチェ、JTサンダーズ、ドラゴンフライズのグッズ販売のほか、カフェスペースではスポーツ観戦もできる
[画像のクリックで拡大表示]
エンタメゾーンの中央には、約600平米のイベントコートを配置し、地域に根ざした多彩なイベントを開催する
エンタメゾーンの中央には、約600平米のイベントコートを配置し、地域に根ざした多彩なイベントを開催する
[画像のクリックで拡大表示]