朝7時から焼きたてパンを食べられるベーカリー&カフェ「ザ グラウンズ ベーカー」は農園をイメージ。農園から収穫した食材でその日にパンを作る
朝7時から焼きたてパンを食べられるベーカリー&カフェ「ザ グラウンズ ベーカー」は農園をイメージ。農園から収穫した食材でその日にパンを作る

“TSUTAYA百貨店”の第一歩!? 「枚方T-SITE」大解剖

2016年05月24日
  • 代官山、湘南に続く3店舗目のT-SITE「枚方T-SITE」は過去最大規模。スタイリッシュな外観がひときわ目をひく
  • 高さ7メートルの書架が圧巻の4・5階吹き抜け空間では、ソファに座ってゆっくり本を読んだり、お茶を飲んだりできる
  • 梅田、京都に続く関西3店舗目となる「蔦屋書店」。1、3、5階の3フロアに約15万冊をそろえる。食関連の本は8000冊。営業時間は7~25時
  • 駅の北側にあったTSUTAYA枚方駅前本店が2階に移転。生演奏を楽しめる無料イベントやコミックレンタルも充実
  • 3階の旅行関連本コーナーには「Tトラベル」とLCC「ジェットスター」のカウンターを併設。「空のコンシェルジュ」が旅の計画から相談、航空券の購入までトータルでサポート
  • 最上階のレストランフロアは全てテラス付き。テラス席では食事をしながら大パノラマの眺望を満喫できる。店内も全面ガラス張りで開放感たっぷり
  • 大人の女性をターゲットに暮らしと美容・健康を提案する4階フロア。中央の「雑貨マルシェ」には、暮らしの道具や日本の工芸品などテーマ別に常時約20店舗が並ぶ
  • 美容コスメの総合サイト「@コスメ」がプロデュースするコスメのセレクトショップ。売れ筋ランキングコーナーがあるほか、座って試せるパウダースペースも用意
  • 地元の顧客から支持される婦人服のセレクトショップ「カエルム」は近鉄百貨店時代からのテナント。日本製の国内ブランドを中心にそろえ、おしゃれに敏感な大人の女性客が多い
  • 地元を中心に6店舗を展開するヘアサロン「エスクール」が、二子玉川と梅田蔦屋書店に店を構える「シーユー」とコラボ。ネイルとヘアケアを同時にできる時短メニューでぜいたくな気分も味わえる
  • オーガニックコットンを中心に、ナチュラルな素材にこだわったシンプルで上質な靴下を提案する「ユイノ」。老舗靴下メーカーが手がける、締め付けのない靴下が自慢
  • 人工芝生を敷き詰めた5階の蔦屋書店には約2万冊の絵本と児童書を収蔵。子育てや絵本に詳しいコンシェルジュが常駐しているので相談することもできる
  • 無料で遊べる室内遊具が充実しているので、ママ友や親子三世代で買い物や飲食が楽しめる。湘南T-SITEで人気がある、ドイツの職人が手がけた子供用滑り台も
  • 子供服のセレクトショップ「レ・キャトルサンク」と、関西に9店舗を展開する子供服専門店「音」が出店。「音」では京都の書家による手描きの名前入りオリジナルTシャツが人気
  • 子供向け写真スタジオ「サラハウス」では、南仏をイメージしたスタジオでコミュニケーションを取りながら子供の自然な表情を撮影。同じ料金で家族全員の撮影も可能だ
  • 1階の食関連本コーナーの隣には、スイーツからイタリアンまで気軽に食べられる飲食ゾーンを配置。開放感のある吹き抜け空間には、随所に本がディスプレイされている
  • 朝7時から焼きたてパンを食べられるベーカリー&カフェ「ザ グラウンズ ベーカー」は農園をイメージ。農園から収穫した食材でその日にパンを作る
  • 地元枚方の農園で採れたホウレンソウやタマネギなどを使ったパンがおすすめ。枚方レンゲ米の米粉と交野山野酒造の地酒を配合した「枚方大地の食パン」は看板商品
  • 大阪府柏原市でブドウを育て、大阪市内と東京・清澄白河の自社ワイナリーで醸造したオリジナルワインと料理を味わえる「フジマル食堂」。ワインセラーには常時200種類を用意
  • “宇治茶を世界に発信する”をコンセプトに、京都錦市場に本店を構える「茶寮・錦一葉」が、和カフェスタイルで大阪初出店。宇治茶の香りが広がる「京抹茶ポップコーン」が人気
  • クレープの生地は抹茶、ほうじ茶、玄米茶、プレーンの4種類で中身は約30種類用意。丹波大納言あずきや、いちご大福、白玉あずきを使った「京仕立てクレープ」がおすすめ
  • 鎌倉本店の人気アイスキャンデー店「パレタス」が関西初進出。旬の果物を果汁やジェラート、ヨーグルトに閉じ込めたフルーツフローズンバーが常時20種類以上ラインアップ
  • 地域密着型の飲食店を展開するバルニバービの新業態「ミール トゥギャザー ルーフ テラス」。95席あるテラス席では、手ぶらでバーベキューが楽しめる
  • 台湾で行列が絶えない小籠包の店の味を楽しめる「恵比寿 京鼎樓」が大阪初出店。点心からコース料理までカジュアルに楽しめる。天気のいい日は広々としたテラス席へ
  • 名物の小籠包は熟練の点心師が店内で一からつくる。小籠包と、好きな麺かチャーハンを選べるランチセットは1250円から。担々麺も人気メニューのひとつ
  • 「創業当時からライフスタイルコンテンツの提供を掲げていた」と話す増田宗昭社長兼CEO
  • 専用のスマホアプリなら店頭在庫の確認や関連情報の入手、駐車場の空き状況確認やレストランの予約もできる。カードを持たずにポイントをためたり決済できるので便利
  • TSUTAYAの格安スマホ「TONE」の販売店。月額1000円という格安料金に加え、便利な「置くだけサポート」も好評
  • 一人当たりの個人資産残高が多い枚方のプレミアムエイジ(団塊世代)をターゲットに、資産活用などのコンサルティング業務を行う銀行も誘致。大手都市銀行の支店が6階と7階に入っている