大手セレクトショップのビームスが2016年4月28日、東京・新宿に「ビームス ジャパン」をオープンした。この店舗は創業40周年を迎える同社が新たに展開する、日本をキーワードにした新プロジェクト「BEAMS “TEAM JAPAN”」の発信拠点となるという。

 ビームス ジャパンという名称では初となるショップで、ロゴも新たにデザイン。これまで“世界の優れたモノ”を日本に紹介してきたビームスが、今度は“日本のいいモノ”を日本と海外に向けて発信していくという。

 もともとビームス新宿店のあったビルを改装し、地下1階〜地上5階の6フロアで構成。日本をテーマに独自の切り口で編集した工芸品や銘品、ファッションや雑貨、サブカルチャーをフロアごとに集約。地下1階には同社店舗では初のレストラン業態「日光金谷ホテル クラフトグリル」が入っているのも特徴だ。

JR新宿駅の南口から徒歩7~8分。ビームス ジャパンのロゴは日本を象徴する“富士山”と“日の丸”がモチーフになっている
JR新宿駅の南口から徒歩7~8分。ビームス ジャパンのロゴは日本を象徴する“富士山”と“日の丸”がモチーフになっている
[画像のクリックで拡大表示]

1階は日本各地の銘品がそろう

 1階のエントランスフロアでは福岡の線香花火、愛知の招き猫など日本各地から選りすぐった銘品を販売。日本人が楽しめるのはもちろんのこと、海外からの旅行者にとっては日本の土産を買うのにうってつけのフロアとなっている。また、和テイストのビームス商品や、各地の銘品をビームスのオフィシャルカラーであるオレンジ色で仕上げた別注品なども展開している。

 1階にはコーヒー専門店「猿田彦珈琲」のコーヒースタンドも併設してあり、ビームス ジャパン限定の「ジャパンブレンド」などが楽しめる。

別注好き必見! ビームスが“日本”を発信する旗艦店(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
別注好き必見! ビームスが“日本”を発信する旗艦店(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
1階は日本の銘品がずらりと並ぶ。和風の内装と商品なので、通りすがりの外国人観光客が立ち寄る新たなみやげスポットになりそう。どれもオシャレ感が漂っていて日本人も欲しくなるものばかり
福岡県みやま市にある筒井時正玩具花火製造所の線香花火(5000円)。国産の線香花火は希少で、燃え方がとても美しいという。夏にはビームス別注のオレンジ色の線香花火も発売予定だとか
福岡県みやま市にある筒井時正玩具花火製造所の線香花火(5000円)。国産の線香花火は希少で、燃え方がとても美しいという。夏にはビームス別注のオレンジ色の線香花火も発売予定だとか
[画像のクリックで拡大表示]
愛知県瀬戸市にある中外陶園の「瀬戸まねき猫」(4000円)。ビームス別注の「オレンジまねきねこ」も登場
愛知県瀬戸市にある中外陶園の「瀬戸まねき猫」(4000円)。ビームス別注の「オレンジまねきねこ」も登場
[画像のクリックで拡大表示]
バルカナイズ製法のシューズで国内外から高い評価を得る福岡県久留米市の「ムーンスター」。ビームス ジャパン別注の足袋(2200円)
バルカナイズ製法のシューズで国内外から高い評価を得る福岡県久留米市の「ムーンスター」。ビームス ジャパン別注の足袋(2200円)
[画像のクリックで拡大表示]
下駄の生産で知られる大分県日田市の老舗工房で作られたビームス ジャパンの下駄サンダル(8000円)。ヒノキの下駄にビルケンシュトックのソールを合わせている
下駄の生産で知られる大分県日田市の老舗工房で作られたビームス ジャパンの下駄サンダル(8000円)。ヒノキの下駄にビルケンシュトックのソールを合わせている
[画像のクリックで拡大表示]
別注好き必見! ビームスが“日本”を発信する旗艦店(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
別注好き必見! ビームスが“日本”を発信する旗艦店(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
1階にはコーヒー専門店「猿田彦珈琲」が出店。あんこに合う味を追求したという同店舗限定のコーヒー「ジャパンブレンド」が楽しめる。店内外のどちらからも購入でき、店外に向けたコーヒーウィンドウは8時半~22時半まで営業
別注好き必見! ビームスが“日本”を発信する旗艦店(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
別注好き必見! ビームスが“日本”を発信する旗艦店(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ビームスの店舗では初となるレストラン「クラフトグリル」が地下1階に。日光金谷ホテルが監修した“日本の洋食”が味わえる