ホテル内で見るもの、触れるもの、口にするもの、全てが社会貢献

 ホテルがあるのは、渋谷駅から徒歩数分の宮下公園の先。2017年4月28日にオープンしたばかりの「渋谷キャスト」よりやや青山寄りにある(関連記事「新施設「渋谷キャスト」は個性派おしゃれグルメに注目」)。

 ホテル内を一巡し、「今までのどんなホテルとも違う」と痛感したのは、ホテル内のあらゆる物が“社会貢献”という視点で作られていること。一例を挙げると、ホテル内で使用するマグは、全国から回収した食器類を粉砕し、坏土(陶磁器の生地)として再生させたもの。ルームサンダルは、サンダル工場で出た端材ゴムをリサイクルしたもの。室内のジュエリーボックスはこれまで捨てられていたB級レザーを使用し、渋谷を起点に活躍するデザイナーと渋谷区の福祉作業所の人々と製作したコラボアイテム。ロビーに飾られているアート作品の一部は障がいを持つアーティストの作品だという。

 これまで、部分的にさりげなくそうした製品を採用しているホテルはあったが、これほど徹底的に、しかも前面にそのポリシーを打ち出したホテルはなく、確かに日本初の“ソーシャライジングホテル”だと納得。だがなぜ、こうしたホテルを作ったのか。

 「リーマンショック以降、世界的に“豊かさ”のイメージが大きく変わった。高級品を持つことよりも、人のため、社会のためになることをすることに幸せを感じ、価値を見出す人が増えている。日本では特に3.11以降、社会貢献に対する関心が高まっているが、被災地の応援としてできることは限られており、86%の人が『社会貢献をしたい』と考えながらも、6%程度しか実行していないというデータもある。社会貢献に対してどうアクションしていいか分からない多くの人に、多様な貢献のスタイルを提示することが、今、企業の使命として求められていると考えた」と、TRUNKの社長を兼務するT&Gの野尻佳孝会長はいう。

マグは全国から回収した食器類を粉砕し、坏土(陶磁器の生地)として再生させたもの。グラスは使用済みの蛍光灯をリサイクルした同ホテルのオリジナル
マグは全国から回収した食器類を粉砕し、坏土(陶磁器の生地)として再生させたもの。グラスは使用済みの蛍光灯をリサイクルした同ホテルのオリジナル
[画像のクリックで拡大表示]
室内のジュエリーボックスは高級ブランドがバッグや洋服を制作する際に使用した端材のレザーを使用。渋谷を起点に活躍するデザイナーと渋谷区の福祉作業所の人々がコラボして製作した
室内のジュエリーボックスは高級ブランドがバッグや洋服を制作する際に使用した端材のレザーを使用。渋谷を起点に活躍するデザイナーと渋谷区の福祉作業所の人々がコラボして製作した
[画像のクリックで拡大表示]
クロークのタグはアクリル専門加工会社から提供されたアクリル廃材を加工したもの。一枚として同じものがなく、再利用することでより価値を高める「アップサイクル」の精神を伝えている
クロークのタグはアクリル専門加工会社から提供されたアクリル廃材を加工したもの。一枚として同じものがなく、再利用することでより価値を高める「アップサイクル」の精神を伝えている
[画像のクリックで拡大表示]
サンダルは端材ゴムのリサイクル。履き心地良くスタイリッシュに仕上げることで、使い捨てにせず、持ち帰って使い続けられるようにするのが狙い
サンダルは端材ゴムのリサイクル。履き心地良くスタイリッシュに仕上げることで、使い捨てにせず、持ち帰って使い続けられるようにするのが狙い
[画像のクリックで拡大表示]
中庭に面して併設された「TRUNK(STORE)」で販売されているパンや焼き菓子は東京・笹塚にあるホープ就労支援センター「渋谷まる福」製
中庭に面して併設された「TRUNK(STORE)」で販売されているパンや焼き菓子は東京・笹塚にあるホープ就労支援センター「渋谷まる福」製
[画像のクリックで拡大表示]
TRUNK(STORE)で販売されている弁当(1188円)は無添加を重視した恵比寿の人気レストラン「わたりがらす」製
TRUNK(STORE)で販売されている弁当(1188円)は無添加を重視した恵比寿の人気レストラン「わたりがらす」製
[画像のクリックで拡大表示]
代々木上原の人気店「ポタスタ」の人気サンドイッチ「わんぱくサンド」(598円)5種も販売
代々木上原の人気店「ポタスタ」の人気サンドイッチ「わんぱくサンド」(598円)5種も販売
[画像のクリックで拡大表示]
昔ながらの製法を守り続ける都内の老舗調味料会社5社の代表商品セット「東京さしすせそ」(4000円)。「そ」は通常は味噌だが、東京ではもんじゃ焼きなどのソース文化があることから、多摩の素材を使った「中央線ソース」(ポールスタア製)を採用している
昔ながらの製法を守り続ける都内の老舗調味料会社5社の代表商品セット「東京さしすせそ」(4000円)。「そ」は通常は味噌だが、東京ではもんじゃ焼きなどのソース文化があることから、多摩の素材を使った「中央線ソース」(ポールスタア製)を採用している
[画像のクリックで拡大表示]
■変更履歴
第4段落、初出では「T&Gの野尻佳孝社長」としておりましたが、正しくは「T&Gの野尻佳孝会長」でした。お詫びして訂正いたします。[2017/5/18 14:30]