“赤プリ”の愛称で親しまれ、赤坂のランドマーク的存在だった「グランドプリンスホテル赤坂」が、2011年3月末で営業を終了してから5年あまり。その跡地に新たに建設された「東京ガーデンテラス紀尾井町」が、2016年7月27日にグランドオープンする。それに先立ち、一部商業ゾーンが5月10日にプレオープンした。

 同施設は、オフィス・ホテル・商業ゾーンなどを備える「紀尾井タワー」(地下2階~地上36階)と、135戸の賃貸住宅を有する「紀尾井レジデンス」(地下2階~地上21階)、バンケット(宴会場)やレストランを備える「赤坂プリンス クラシックハウス」からなる複合施設。同施設を運営する西武プロパティーズ(埼玉県所沢市)は「PePe」「Emio」など西武鉄道沿線の商業施設を中心に手がけるが、このような複合施設の開発・運営は初の試みだという。同施設を通して新たな不動産活用のノウハウを蓄積し、今後、西武グループが保有している不動産資産に活用していきたいとのこと。

  紀尾井町エリアは江戸時代には紀伊徳川家、尾張徳川家、彦根井伊家が屋敷を構え、昭和初期までは宮家の閑静な邸宅地だったという、由緒ある土地柄。オフィスビルが立ち並ぶ現在も、都心でありながら史跡と豊かな景観を残す稀少なエリアだ。「地域と有機的・機能的に連携していくことによってユニークなオンリーワンの施設にし、エリアにとって(再開発の)良き先行事例となりたい」(西武プロパティーズの齊藤朝秀取締役)。

 5月10日からプレオープンしているのは、紀尾井タワーのエントランスとなる1~2階の商業ゾーンで、飲食を中心に18店舗が出店している。

プリンス通り側から見た「東京ガーデンテラス紀尾井町」(東京都千代田区紀尾井町1-2)。2つのタワーは重箱をイメージしたデザイン
プリンス通り側から見た「東京ガーデンテラス紀尾井町」(東京都千代田区紀尾井町1-2)。2つのタワーは重箱をイメージしたデザイン
[画像のクリックで拡大表示]
敷地内には9点のパブリックアートを展示(1点は7月公開)。エントランスとなる「花の広場」に展示されているのは、日本の伝統的な花柄や文様をかたどった「Echoes  Infinity ~Immortal Flowers~」(大巻伸嗣氏制作)
敷地内には9点のパブリックアートを展示(1点は7月公開)。エントランスとなる「花の広場」に展示されているのは、日本の伝統的な花柄や文様をかたどった「Echoes Infinity ~Immortal Flowers~」(大巻伸嗣氏制作)
[画像のクリックで拡大表示]
7月オープン予定の「赤坂プリンス クラシックハウス」は、旧グランドプリンスホテル赤坂旧館で旧李王家東京邸(東京都の指定有形文化財)。詳細な資料を基に照明器具や外壁などの主要部分を建設当時の状態に復原し、バンケット(宴会場)やレストランを備えた施設としてリニューアル
7月オープン予定の「赤坂プリンス クラシックハウス」は、旧グランドプリンスホテル赤坂旧館で旧李王家東京邸(東京都の指定有形文化財)。詳細な資料を基に照明器具や外壁などの主要部分を建設当時の状態に復原し、バンケット(宴会場)やレストランを備えた施設としてリニューアル
[画像のクリックで拡大表示]