名古屋メシが出そろった今が絶好のタイミング!?

 「創業から50年間は名古屋の2店舗で味を守り続けることに全力を注いできた」と横井取締役。転機となったのは5年前、渋谷の百貨店が開催する名古屋をテーマにした催事に毎年参加するようになったこと。そこでの来場者の反応から東京でも受け入れられる自信を得たこと、あんかけスパを提供している飲食店は東京にもあるが、本物の味はまだ伝わっていないと感じたことが東京進出を決意したきっかけだという。

「名古屋メシの中では後発だが、ほかのメニューが進出しているおかげで名古屋の食に対する興味の素地もできている。今が進出のベストタイミングだと思っている」(横井取締役)

 2016年6月17日には、KITTE名古屋に3つめの直営店をオープン予定。2号店オープンから40年ぶりの直営店出店となる。「本物の味を多くの人に認知してほしい。東京の方の舌に合った独自のトッピングも開発していきたい」(横井取締役)とのことだ。

 ちなみにジュッピーでは、ランチタイムだけ「ヨコイ Juppy店」の看板を掲げ、ディナータイムでは従来どおりの業態で運営(ヨコイの定番メニュー4品をオーダーできる)。こうしたメニュー提携の形なら、東京で広まるのも意外に早そう。クセになりそうな味なのはたしかなので、“ジロリアン”(二郎ラーメンの熱烈ファン)のように、“ヨコラー”が生まれるかもしれない。

「海老ネーズ」(税込み1100 円)。あんかけスパと名古屋名物の海老フライをミックス。ピリリとパンチの効いたソースはフライとも好相性だ
「海老ネーズ」(税込み1100 円)。あんかけスパと名古屋名物の海老フライをミックス。ピリリとパンチの効いたソースはフライとも好相性だ
[画像のクリックで拡大表示]
「ハムエッグ」(税込み850 円)。卵を崩し、麺と絡めて食べるのが人気だという
「ハムエッグ」(税込み850 円)。卵を崩し、麺と絡めて食べるのが人気だという
[画像のクリックで拡大表示]
「ボンゴレ」(税込み950円)
「ボンゴレ」(税込み950円)
[画像のクリックで拡大表示]
「関東に本物のあんかけスパの味はまだ伝わっていない。一人でも多くの人に知ってほしい」と語るヨコイの横井慎也取締役
「関東に本物のあんかけスパの味はまだ伝わっていない。一人でも多くの人に知ってほしい」と語るヨコイの横井慎也取締役
[画像のクリックで拡大表示]

(文/桑原恵美子)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する