バブルチックなレストランに驚がく! フードトラックにも注目

  3店舗ある飲食店の中でも際立って目を引くのが、テラス席にずらりとソファが並べられた「リゴレット」。そのさまはまるで、海外の豪華リゾートホテルのよう。リゴレットとしては11店舗目だが、それらのすべてでコンセプトが違う。同店のコンセプトは「グルメな肉屋が作ったリゴレット」とのこと。内装の豪華さに圧倒されつつ2階に上がると、2階奥には巨大な肉が並んだ冷蔵庫(ミートセラー)があり、その隣のオープンキッチンでは大きな肉をさばいている。バブル時代をほうふつとさせる雰囲気は、カジュアルな店が圧倒的に多い渋谷で、新鮮だった。

   同施設を訪れる楽しみになりそうなのが、その時々で変わる広場のフードトラック。今年のゴールデンウイーク期間中は5台出店している。同施設に本社を置くベイクルーズが運営する神南カリーの新業態・スペシャリティーカリースタンド「J.S. CURRY(ジェイエス カリー)」や、フランスパンでソーセージを巻いた「フランスドッグ」、自家製ソースをかけたアイスクリーム、ハワイのドーナツ「マラサダ」のフードトラックなど、個性的なフードが多く、楽しかった。

  驚いたのが、英国で最もファッショナブルなデリカフェといわれ、2016年1月の日本初出店以来、人気を集めている「フランツ アンド エヴァンス ロンドン」のフードトラックが出ていたこと。並んでいる料理も、フードトラックとは思えないメニューで、1000円以下のランチパックも販売予定だという。それを買うためにだけでも、期間中に訪れる価値があるだろう。

「リゴレット」の入口にはキラキラのバーカウンターがあり、右手にはこれまた豪華なシガールーム。中に入ると渋谷駅から徒歩1分とは思えない広さ。2階の天井からつるした巨大なワインセラーには、約600本のワインをストック
「リゴレット」の入口にはキラキラのバーカウンターがあり、右手にはこれまた豪華なシガールーム。中に入ると渋谷駅から徒歩1分とは思えない広さ。2階の天井からつるした巨大なワインセラーには、約600本のワインをストック
[画像のクリックで拡大表示]
リゴレットの「牛肉のタルタル」は宮崎県産の牛肉を使い、自家製の粒マスタード、隠し味のマンゴーチャツネなどを、テーブルで混ぜ合わせて提供する
リゴレットの「牛肉のタルタル」は宮崎県産の牛肉を使い、自家製の粒マスタード、隠し味のマンゴーチャツネなどを、テーブルで混ぜ合わせて提供する
[画像のクリックで拡大表示]
テーブルで気軽にカクテルを楽しむために、店舗でボトリングした「ボトルカクテル」3種類を販売
テーブルで気軽にカクテルを楽しむために、店舗でボトリングした「ボトルカクテル」3種類を販売
[画像のクリックで拡大表示]
フードトラックはどれもハイレベル。アイスクリーム店ではバジルクリームにオリーブのコンフィのトッピングという変わり種も
フードトラックはどれもハイレベル。アイスクリーム店ではバジルクリームにオリーブのコンフィのトッピングという変わり種も
[画像のクリックで拡大表示]
「J.S. CURRY(ジェイエス カリー)」いち押しの「J.Sカリー」はトッピングの青唐辛子とパクチーで清涼感のある辛さ
「J.S. CURRY(ジェイエス カリー)」いち押しの「J.Sカリー」はトッピングの青唐辛子とパクチーで清涼感のある辛さ
[画像のクリックで拡大表示]
ハワイのドーナツ・マラサダは揚げたてを数種類提供するとのこと
ハワイのドーナツ・マラサダは揚げたてを数種類提供するとのこと
[画像のクリックで拡大表示]
英国発・表参道の日本1号店も大人気の「フランツ アンド エヴァンス ロンドン」のフードトラック
英国発・表参道の日本1号店も大人気の「フランツ アンド エヴァンス ロンドン」のフードトラック
[画像のクリックで拡大表示]