1978年のオープン以来、37年間で累計4000万人もの来館者数を記録したサンシャインシティ(東京都豊島区)の展望台が、2016年4月21日にリニューアルオープン。見るだけの展望台から脱皮し、最新技術満載の“体感する展望台”「スカイサーカス サンシャイン60展望台」に生まれかわったという。

 同展望台はオープン当時、東洋一の高さを誇ったサンシャイン60の最上階・海抜251mに設置され、初年度の入場者数が年間260万人を超えるほどの人気を呼んだ。だが超高層ビルやタワーマンションが増えるにつれて高さの優位性が薄れ、入場者の確保が困難に。そこで新たな集客のためにリニューアルを決定した。

 これまでの展望台の概念を一新するような驚きと魅力ある施設を作るため、コンテンツ構築を得意とする電通、空間デザインが専門の乃村工藝社とコラボし、3社共同開発という形で計画をスタートさせた。さらにさまざまな分野の大学関係者にも協力を依頼し、最新技術を応用した装置を設置。約25億円をかけてリニューアルしたという。同社ではオープン後1年間で80万人以上の来場を見込んでいる。

 「これまでの展望台の概念を完全に変える」(サンシャインシティ)というスカイサーカス サンシャイン60展望台とはいったいどのようなものなのか。オープン直前の同展望台を取材した。

「スカイサーカス サンシャイン60展望台」(東京都豊島区東池袋3-1サンシャインシティ サンシャイン60ビル・60階)。年中無休で営業時間は10~22時。入場料金は大人1800円、学生、シニア1500円、子供900円。「TOKYO弾丸フライト」は600円、「スウィングコースター」は400円が別途必要(入場チケットとセットでのみ購入可能)
「スカイサーカス サンシャイン60展望台」(東京都豊島区東池袋3-1サンシャインシティ サンシャイン60ビル・60階)。年中無休で営業時間は10~22時。入場料金は大人1800円、学生、シニア1500円、子供900円。「TOKYO弾丸フライト」は600円、「スウィングコースター」は400円が別途必要(入場チケットとセットでのみ購入可能)
[画像のクリックで拡大表示]
池袋サンシャイン“体感する展望台”は視覚マジック満載(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
池袋サンシャイン“体感する展望台”は視覚マジック満載(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
日本の四季や幾何学的な映像が映し出される「無限スケープ」は写真では伝わりにくいが、すごいスピードで画像が変化するので、めまいがしそうなほど大迫力
VRテクノロジーと最新の4D体験でスリリングな空の旅が楽しめる「TOKYO弾丸フライト」は同施設の目玉のひとつ
VRテクノロジーと最新の4D体験でスリリングな空の旅が楽しめる「TOKYO弾丸フライト」は同施設の目玉のひとつ
[画像のクリックで拡大表示]