2016年4月21日、九州最大のターミナル駅である博多駅に直結する新商業施設「KITTE(キッテ)博多」がオープン。延床面積は約6万4300平米(約1万9500坪)、商業エリアは地下1階~地上11階の12フロアからなる。

 1~7階には九州初進出となるマルイが出店。そのほか、8階に「ユニクロ」「福岡大学博多駅クリニック」、11階に結婚式場「ハカタギ グランヒューリ」が出店し、地下1階と9・10階はレストランフロアとなっている。

右が「KITTE博多」。博多駅とは2階の歩行者デッキ、新博多駅地下街とは地下通路で直結
右が「KITTE博多」。博多駅とは2階の歩行者デッキ、新博多駅地下街とは地下通路で直結
[画像のクリックで拡大表示]

食関連が充実する「博多マルイ」

 まずキーテナントとなる博多マルイ(1~7階)の特徴は、食の物販店が多いこと。施設の“顔”となる1階を中心とした低層階にスイーツなどの食物販店をそろえたうえ、1~6階の各フロアにカフェを導入している。

福岡グルメが集結した商業施設「KITTE博多」を大解剖!(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
福岡グルメが集結した商業施設「KITTE博多」を大解剖!(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
50種類以上のタマゴサンドがそろう「oeuf(ウフ) TAMACO サンド」(1階)
ソースの種類が豊富な東京・代官山発のフライドポテト専門店「ポメス プロースト」(1階)
ソースの種類が豊富な東京・代官山発のフライドポテト専門店「ポメス プロースト」(1階)
[画像のクリックで拡大表示]
ドライフルーツ専門店「ファーイーストバザール」(1階)
ドライフルーツ専門店「ファーイーストバザール」(1階)
[画像のクリックで拡大表示]
1~6階の各フロアにカフェを導入。「レックコーヒー」(6階)は福岡市内で複数店舗を展開するコーヒーショップ
1~6階の各フロアにカフェを導入。「レックコーヒー」(6階)は福岡市内で複数店舗を展開するコーヒーショップ
[画像のクリックで拡大表示]
米国ポートランド発の「オリジナルパンケーキハウス」(2階)の人気メニュー「ダッチベイビー」はスタッフが目の前で仕上げる
米国ポートランド発の「オリジナルパンケーキハウス」(2階)の人気メニュー「ダッチベイビー」はスタッフが目の前で仕上げる
[画像のクリックで拡大表示]

 地元福岡や九州の店も多数出店しており、駅の売店などでは手に入らないユニークな土産を買うことができるのもポイントだ。

基礎調味料専門店「だし処 兵四郎」(1階)は飲食スペースも併設
基礎調味料専門店「だし処 兵四郎」(1階)は飲食スペースも併設
[画像のクリックで拡大表示]
チーズケーキが名物の「てつおじさんの店」(1階)
チーズケーキが名物の「てつおじさんの店」(1階)
[画像のクリックで拡大表示]
熊本発の「きなこーや」(2階)はわらびもち入りロールケーキが売り
熊本発の「きなこーや」(2階)はわらびもち入りロールケーキが売り
[画像のクリックで拡大表示]
和(国産)紅茶専門店「きごころ」(2階)
和(国産)紅茶専門店「きごころ」(2階)
[画像のクリックで拡大表示]