「タイガー餃子会舘」「肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場」など、餃子を売りにしたチェーン居酒屋が店舗数を伸ばすなか、餃子をつまみにワインを飲ませる“餃子バル”も、急増している(関連記事:この夏は「餃子バル」がアツい! オシャレ系VS庶民系)。

 餃子バルブームのはしりともいえるのが、2009年に渋谷にオープンした「立吉餃子」。13坪の狭小店舗ながら平均月商約500万円という繁盛ぶりで、2016年3月24日には2店舗目となる「立吉餃子 青山店」をオープンした。

 その立吉餃子 青山店から徒歩数分のところにあるのが、「ギョウザバー コムアパリ(Gyoza Bar comme a Paris)」。ミシュランガイドで星を獲得したシェフ・鳴神正量氏がパリで人気のギョウザバーにインスパイアされ、2015年8月末にオープンした。「平日もほぼ満席。週末はオープンと同時に満席になる日も多い」(平林彩菜店長)という。

 競争が激化し、早々に閉店する店も出てきているなか、繁盛する餃子バルのポイントは何なのか。好調な2店を取材した。

表参道で“おしゃれ餃子のバル”戦争!?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
表参道で“おしゃれ餃子のバル”戦争!?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
2016年3月24日にオープンした「立吉餃子 青山店」(東京都渋谷区神宮前5-50-1 三恵青山ビル地下1階)は地下鉄表参道駅から徒歩3分。営業時間は11時半~15時、18時~24時(不定休)。席数は36(立ち席あり)
ほとんどの客が最初にオーダーするという人気メニュー「晩酌セット」(850円)は3種類。写真は餃子3個と(焼・水・揚から選択可能。写真は水餃子)ごま塩キャベツ、アルコールワンドリンクを組み合わせたBセット
ほとんどの客が最初にオーダーするという人気メニュー「晩酌セット」(850円)は3種類。写真は餃子3個と(焼・水・揚から選択可能。写真は水餃子)ごま塩キャベツ、アルコールワンドリンクを組み合わせたBセット
[画像のクリックで拡大表示]
表参道で“おしゃれ餃子のバル”戦争!?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
表参道で“おしゃれ餃子のバル”戦争!?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
2015年8月にオープンした「ギョウザバー コムアパリ」(東京都渋谷区渋谷2-2-4 青山アルコープ205)。地下鉄表参道駅から徒歩10分(青山学院大学西門正面)。営業時間は17~25時ラストオーダー(日曜定休)。席数は25
一番人気という「肉ギョウザ」(5個で550円)。全ての餃子に3種類のオリジナルソースが付いている
一番人気という「肉ギョウザ」(5個で550円)。全ての餃子に3種類のオリジナルソースが付いている
[画像のクリックで拡大表示]