第二期がオープンするのは新宿駅新南口ビル2階フロア。同ビルの3、4階が日本最大級のバスターミナル「バスタ新宿」
第二期がオープンするのは新宿駅新南口ビル2階フロア。同ビルの3、4階が日本最大級のバスターミナル「バスタ新宿」

デパ地下を超えた!? 新宿・ニュウマン“攻めるエキナカ”

2016年04月15日
  • 第二期がオープンするのは新宿駅新南口ビル2階フロア。同ビルの3、4階が日本最大級のバスターミナル「バスタ新宿」
  • デパ地下を超えた!? 新宿・ニュウマン“攻めるエキナカ”(画像)
  • デパ地下を超えた!? 新宿・ニュウマン“攻めるエキナカ”(画像)
  • デパ地下を超えた!? 新宿・ニュウマン“攻めるエキナカ”(画像)
  • デパ地下を超えた!? 新宿・ニュウマン“攻めるエキナカ”(画像)
  • マルゲリータにリコッタチーズとナスを加えて焼き、後でケールチップスと生ハムをのせたカスタマイズ例
  • サイドメニューでは「ブラータ」(生クリームを包み込んだフレッシュモッツァレラ)が売り
  • スイーツを酒と一緒に楽しむデザートバー「ジャニス・ウォン」も日本初上陸。写真はパティシエのジャニス・ウォン氏
  • 相性の良い酒との組み合わせも提案。写真はビターチョコレート、塩キャラメル、ユズなどを使用した「チョコレートH2O」(1600円)
  • 「カシスプラム」(左、1950円)、「ストロベリーカプレーゼ」(奥、1800円)、「ミソ マスタード」(手前、1400円)。コース(3000円~)もある
  • 新宿サザンテラス側にあるフードホール入口
  • デパ地下を超えた!? 新宿・ニュウマン“攻めるエキナカ”(画像)
  • デパ地下を超えた!? 新宿・ニュウマン“攻めるエキナカ”(画像)
  • デパ地下を超えた!? 新宿・ニュウマン“攻めるエキナカ”(画像)
  • デパ地下を超えた!? 新宿・ニュウマン“攻めるエキナカ”(画像)
  • シンガポールで人気のオイスターバー「オイスター バー ワーフ(Oyster Bar wharf)」が日本初出店。「wharfシーフードプラッター」(1人前1880円、2人前から)は新鮮な生カキやマグロ、ウニ、ボイルエビを盛り合わせたひと皿で、レモンやしょう油、オーロラソースで味わう
  • 「サロン ブッチャー アンド ビア(SALON BUTCHER&BEER)」はフランスのバスク地方の伝統料理が楽しめるカウンタースタイルのレストラン。ミシュラン6年連続一つ星の南青山「ローブリュー」櫻井信一郎シェフのレシピ監修による自家製ソーセージ、パテなどが楽しめる
  • パリ発のシュークリーム専門店「シューダンフェール パリ(CHOUX D'ENFER PARIS)」が日本初上陸。店内で焼き上げるローストナッツなどのアクセントが効いたサクサクのシュー生地に6種のクリームをたっぷり詰め込んでいるのが特徴。フランス伝統のフレーバーのほかに、日本限定の桜フレーバーなども販売。「3個セット(2種)」(290円~)
  • 「結(ユイ)」は両口屋是清が手のひらサイズの和菓子を提案する新ブランド。写真の「ふゆうじょん」はあんが入った焼き菓子にチョコレートをコーティングした新感覚の和菓子(6個で1200円)
  • だしやみそ、しょうゆ、塩こうじを使用したサンドイッチを提供する「ワズ サンドイッチ(Wa's sandwhich)」。「煮たまごサンド」(税込み500円)はひとくちかむとカツオとコンブの合わせだしの味わいが広がる
  • 「神戸牛のミートパイ」は1923年の創業当初からユーハイムの隠れた人気商品だったミートパイの専門店
  • 稀少なカカオ豆「トリニタリオ種」を使用し、湘南のチョコレート工場から作りたてを提供する「cacao(カカオ)」の「生チョコタルト」(250円)
  • 地方で人気の和菓子のセレクトショップが約3~4カ月のサイクルで出店する「えんなり」。初回は、徳島県の「菓游 茜庵」、石川県の「茶菓工房たろう」、滋賀県の「菓心おおすが」
  • 日本のものづくりを発信するプロジェクトとして展開してきた「ココルミネ」の実店舗。地域の作り手とともに企画開発したオリジナル商品が多い
  • 米国カリフォルニアの人気コーヒーショップ「ヴァーヴ コーヒー ロースターズ」
  • シングルオリジンのエスプレッソをミルク入りのマキアートでも楽しめる「ワン&ワン」(500円)はユニーク
  • デパ地下を超えた!? 新宿・ニュウマン“攻めるエキナカ”(画像)
  • デパ地下を超えた!? 新宿・ニュウマン“攻めるエキナカ”(画像)