回転寿司最大手「あきんどスシロー」が高級寿司店をひっそりと出しているのをご存じだろうか。グループ会社「スシロークリエイティブダイニング」(大阪府吹田市)が運営する「七海の幸(ななみのさち) 鮨陽」(以下、「七海の幸」)がそれだ。

 スシローの主力は郊外型の回転寿司だが、最近では都市型店舗の新業態開発にも力を入れており、2015年は新業態「ツマミグイ」を都心に3店(中目黒、赤坂見附、新橋)オープンした(関連記事「スシローの回らないすし店「ツマミグイ」に潜入! “300円おつまみ”に大満足、しかし衝撃的結末が!?」)、「スシロー“回らない寿司”2号店、「ツマミグイ」なのにコース料理が売り!?」)。

 ただ、ツマミグイ中目黒店、赤坂見附店はすでに閉店しており、七海の幸はツマミグイ中目黒店を業態転換したものだ。ツマミグイではひと口サイズ寿司をはじめ、和食を洋風にアレンジしたフードを中心に展開していたが、同店では伝統的な寿司を中心とした和食を提供する。

 「七海の幸」という店名は「世界中の海から年間700億円も仕入れている魚介類から選び抜いたものを出す」ことを意味しているという。またチェーン展開するにあたり、個人経営の寿司店のように店の個性を出していきたいと考え、今後は地名ではなく、店長の名前から一文字とった個店名にしていくという。「鮨陽」は同店を企画した取締役の堀江陽氏の名前から「陽」の文字を取ったそうだ。

 その堀江氏は、「通常の寿司店の半額程度で提供できる業態を目指す」という。その実力を探るべく、店舗に足を運んだ。

「七海の幸 鮨陽」(東京都目黒区青葉台1-30-10)は2015年11月16日にオープン。立地は中目黒駅から徒歩4分で、以前は同じスシローグループが手がける「ツマミグイ」があった場所。ランチは11時から14時、ディナーは15時から23時30分
「七海の幸 鮨陽」(東京都目黒区青葉台1-30-10)は2015年11月16日にオープン。立地は中目黒駅から徒歩4分で、以前は同じスシローグループが手がける「ツマミグイ」があった場所。ランチは11時から14時、ディナーは15時から23時30分
[画像のクリックで拡大表示]
スシローが“職人が握る高級寿司店”をひっそりと出店、その理由は?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
スシローが“職人が握る高級寿司店”をひっそりと出店、その理由は?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
席数は56席(テーブル席のみ)で、ツマミグイより8席減っている
3月25日から4月上旬まで数量限定で提供する持ち帰り可能な弁当「さくら小町」(1380円)。ちらし寿司、手まり寿司3種、中巻き2貫、ホタルイカとうるいの酢味噌和え、ローストビーフ、さくらえびのから揚げ、いちご大福が入っている
3月25日から4月上旬まで数量限定で提供する持ち帰り可能な弁当「さくら小町」(1380円)。ちらし寿司、手まり寿司3種、中巻き2貫、ホタルイカとうるいの酢味噌和え、ローストビーフ、さくらえびのから揚げ、いちご大福が入っている
[画像のクリックで拡大表示]
「七海の幸 鮨陽 店長おすすめディナーコース」(4000円)。先附け寿司 3貫、貝盛り、季節の一品、寿司 5貫(握り、スプーン寿司から選択可)、茶碗蒸し、締めの寿司 5貫、しじみ赤だし、デザート
「七海の幸 鮨陽 店長おすすめディナーコース」(4000円)。先附け寿司 3貫、貝盛り、季節の一品、寿司 5貫(握り、スプーン寿司から選択可)、茶碗蒸し、締めの寿司 5貫、しじみ赤だし、デザート
[画像のクリックで拡大表示]
「鮨陽のおまかせ(8貫)」 (1650円)。内容は日によって異なるが、写真はマグロトロ、マグロ赤身、エビ、白身、ウニ、ウナギ白焼き、イカ、ローストビーフ
「鮨陽のおまかせ(8貫)」 (1650円)。内容は日によって異なるが、写真はマグロトロ、マグロ赤身、エビ、白身、ウニ、ウナギ白焼き、イカ、ローストビーフ
[画像のクリックで拡大表示]
素焼きのおかきを衣にしたキンメダイと天然エビのおかき揚げ(写真は取材時の試食用サイズ)。サクサクした歯ごたえで香ばしい衣はかむと米のもっちり感があった
素焼きのおかきを衣にしたキンメダイと天然エビのおかき揚げ(写真は取材時の試食用サイズ)。サクサクした歯ごたえで香ばしい衣はかむと米のもっちり感があった
[画像のクリックで拡大表示]