かつてダイエーの旗艦店として知られ、2016年5月に閉店したダイエー碑文谷店(東京都目黒区)が2017年3月30日、都市型GMS(総合スーパー)の新しい形を提案する「イオンスタイル碑文谷」として全館オープンした(関連記事「中目黒にニトリ、ダイエー碑文谷店はイオンに」)。

 実は同店は2016年12月、1・2階の食品(生鮮・デリカ/加工品・リカー)フロア、3階のレディスファッションと美容のフロア、4階の暮らしと健康のフロアが先行オープン。今回は残りの5階「メンズとカルチャー」、6階「ママと子ども」、7階「日常のコトと集いの場」がオープンとなった。「ターゲットは20~40代のワーキングマザーやファミリー層」(イオンスタイル碑文谷の町野弘幸店長)だという。

 先行オープンしたフロアでは、特に1、2階の食品エリアが好評だという。ワーキングマザーやファミリー層のニーズをより意識したという5~7階にはいったいどのような店が並ぶのか。オープン直前の内覧会に足を運んだ。

「イオンスタイル碑文谷」(東京都目黒区碑文谷4-1-1)。敷地面積は約5250平米、延床面積は約2万6600平米。売場面積は約1万5660平米。営業時間は全館9~22時(一部、営業時間が異なる売り場あり)、年中無休
「イオンスタイル碑文谷」(東京都目黒区碑文谷4-1-1)。敷地面積は約5250平米、延床面積は約2万6600平米。売場面積は約1万5660平米。営業時間は全館9~22時(一部、営業時間が異なる売り場あり)、年中無休
[画像のクリックで拡大表示]
1階の生鮮食料品・デリカ売り場は奥が見えないほどの広さがある
1階の生鮮食料品・デリカ売り場は奥が見えないほどの広さがある
[画像のクリックで拡大表示]
対面販売の鮮魚売り場は多くの客が集まり活気があった。魚のパック売りでも、他店ではあまり見かけない斬新なアイデアが多く、充実している印象
対面販売の鮮魚売り場は多くの客が集まり活気があった。魚のパック売りでも、他店ではあまり見かけない斬新なアイデアが多く、充実している印象
[画像のクリックで拡大表示]
デリカテッセンコーナーも充実。揚げ物などを温かいまま販売できるスタンド、1日の野菜摂取目標の350gを1パックで提供するチョップドサラダ専門店「Saladbits(サラダビッツ)」も
デリカテッセンコーナーも充実。揚げ物などを温かいまま販売できるスタンド、1日の野菜摂取目標の350gを1パックで提供するチョップドサラダ専門店「Saladbits(サラダビッツ)」も
[画像のクリックで拡大表示]
約1500アイテムをそろえる2階のリカーコーナー
約1500アイテムをそろえる2階のリカーコーナー
[画像のクリックで拡大表示]
ワイン売り場に隣接するイートイン「碑文谷バル」は、ショップインショップと思えない本格的な雰囲気で、フードメニューも充実
ワイン売り場に隣接するイートイン「碑文谷バル」は、ショップインショップと思えない本格的な雰囲気で、フードメニューも充実
[画像のクリックで拡大表示]

5階は男の館!? アウトドア、オーダーファッション、ヘッドホンがワンフロアに

 5階はメンズファッションと書籍を軸に、アウトドア用品やデジタル関連をワンフロアに集積した。また近年、飲食と書店が融合した店舗が都市部で人気を集めていることから、直営カフェ「MIRAIYA Bookmark Lounge Cafe」を融合したブック&カフェタイプの「未来屋書店」をオープンした。

 面白いのは、「住宅街である同エリアには自宅の庭でキャンプを楽しむ家庭も多い」(町野店長)ことから、アウトドア関連商品も充実させていること。新たに「スノーピーク」「コールマン」の常設コーナーを展開。テントなどはもちろん、調理器具など小物にも力を入れたという。

 5階のもうひとつの目玉は、メンズファッションのスタイルオーダーコーナー。「スタイルオーダースーツ」や、100種類以上の生地・15種類の襟型などからデザインを選べるオーダーシャツの「ベラカミーチャ」、イニシャルや生地を選べる「オーダーネクタイ」のコーナーをそろえている。そのほか、ボーズのヘッドホンを販売するコーナーも同じフロアにあり、ファミリー層向け店舗中心になりがちなGMSには珍しい、男性客のニーズにポイントを絞ったフロアといえそうだ。

イオン初の直営ブック&カフェ「未来屋書店」
イオン初の直営ブック&カフェ「未来屋書店」
[画像のクリックで拡大表示]
同店の2キロ圏内に23の小中学校と約9000人の生徒がいることに着目し、参考書コーナーを充実させたという
同店の2キロ圏内に23の小中学校と約9000人の生徒がいることに着目し、参考書コーナーを充実させたという
[画像のクリックで拡大表示]
アウトドア用品「スノーピーク」「コールマン」の常時コーナーも
アウトドア用品「スノーピーク」「コールマン」の常時コーナーも
[画像のクリックで拡大表示]
アウトドア用品は小物に力を入れたという
アウトドア用品は小物に力を入れたという
[画像のクリックで拡大表示]
御幸毛織を母体としたオーダースーツブランド「ボッデガ・ミユキ」の出店はイオン初
御幸毛織を母体としたオーダースーツブランド「ボッデガ・ミユキ」の出店はイオン初
[画像のクリックで拡大表示]
イニシャル、生地、幅、デザインなど細かなオーダーができるオリジナルネクタイ(7800円)
イニシャル、生地、幅、デザインなど細かなオーダーができるオリジナルネクタイ(7800円)
[画像のクリックで拡大表示]
オーダーシャツ「ベラカミーチャ」は100種類以上の生地と15種類の襟型などから好みのデザインを選べる
オーダーシャツ「ベラカミーチャ」は100種類以上の生地と15種類の襟型などから好みのデザインを選べる
[画像のクリックで拡大表示]

6階はセレブママのパラダイス!?

 また、周囲は住宅街で飲食店がほとんどないため、ターゲットに合わせて子ども連れのファミリーが利用しやすい飲食店を充実させているのもポイント。

 注目は、ベビー服メーカーが中目黒のショップに併設し、子連れでくつろげると人気のカフェ「ヘリアンタス」。さらに、城をイメージした内装の「サーティワンアイスクリーム」と長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」をミックスした66席のフードコートを作った。どちらも子連れママに歓迎されそうだ。

 またベビー・子ども・玩具を合わせた売り場面積は、ダイエー時代の約1.8倍に増床。セレブママに人気のあるノルウェーのベビー用品ブランド「Stokke(ストッケ)」を導入したり、「ナチュラル&オーガニック」コーナーを新設したりなどしており、乳幼児に関する専門知識をもった販売員が買い物の手伝いをしてくれるという。

 また知育玩具への関心が高まっていることから、「ラーニングキッズ」コーナーを展開。買い物中に授乳や休憩ができる「赤ちゃん休憩室」には、照明や空気、床などあらゆる面にこまやかな配慮を施している。

中目黒にあるベビー用品ショップ&カフェ「Helianthus(ヘリアンタス)」を導入。パスタやカレーのほか、ベビーフードやベビースナックなどベビー用のメニューも提供。ニューヨークでデザインされた肌に優しい素材や縫製にこだわった、着せやすく赤ちゃんが動きやすいベビー服やバッグも販売
中目黒にあるベビー用品ショップ&カフェ「Helianthus(ヘリアンタス)」を導入。パスタやカレーのほか、ベビーフードやベビースナックなどベビー用のメニューも提供。ニューヨークでデザインされた肌に優しい素材や縫製にこだわった、着せやすく赤ちゃんが動きやすいベビー服やバッグも販売
[画像のクリックで拡大表示]
カラフルな色使いやデザインが人気のノルウェー発ブランド「Stokke(ストッケ)」をイオンで初展開。人気チェア「トリップトラップ」は成長に合わせて座板と足のせ板を調整でき、子どもが大きくなっても使い続けられる
カラフルな色使いやデザインが人気のノルウェー発ブランド「Stokke(ストッケ)」をイオンで初展開。人気チェア「トリップトラップ」は成長に合わせて座板と足のせ板を調整でき、子どもが大きくなっても使い続けられる
[画像のクリックで拡大表示]
子ども向けセレクトショップ「cm(センチメーターズ)」はショートパンツが約1万円、Tシャツが約7000円という価格帯
子ども向けセレクトショップ「cm(センチメーターズ)」はショートパンツが約1万円、Tシャツが約7000円という価格帯
[画像のクリックで拡大表示]
「ラーニングキッズ」コーナーでは遊びながら知能の発達を促進する玩具、「レゴ」「ピープル」「くもん」、木製の知育玩具などを豊富にそろえている
「ラーニングキッズ」コーナーでは遊びながら知能の発達を促進する玩具、「レゴ」「ピープル」「くもん」、木製の知育玩具などを豊富にそろえている
[画像のクリックで拡大表示]
「赤ちゃん休憩室」には授乳室やおむつ交換台を完備し、天井には空気を清浄に保つ装置や、赤ちゃんがまぶしくない照明を設置。床は抗菌コーティングをしている
「赤ちゃん休憩室」には授乳室やおむつ交換台を完備し、天井には空気を清浄に保つ装置や、赤ちゃんがまぶしくない照明を設置。床は抗菌コーティングをしている
[画像のクリックで拡大表示]
ランドセル売り場もこの充実ぶり
ランドセル売り場もこの充実ぶり
[画像のクリックで拡大表示]
「スタジオアリスBaby!」は、スタジオアリスのマタニティ~1歳誕生日までの赤ちゃん専門の写真館(イオン初)
「スタジオアリスBaby!」は、スタジオアリスのマタニティ~1歳誕生日までの赤ちゃん専門の写真館(イオン初)
[画像のクリックで拡大表示]

7階にはイタリアンレストラン「アルポルト」も

 7階には3つのレストランがオープンする。なかでも注目は、日本でのイタリア料理ブームの火付け役として知られる片岡護シェフが監修するカジュアルイタリアンレストラン「トラットリア アルポルト」のオープン。韓国家庭料理で人気の「韓国ごはん SAIKABO」、海鮮和食「お箸どころ日乃」も同日オープンで、7月には中国ラーメン「揚州商人」もオープン予定。飲食店の少ないこのエリアでは歓迎されそうだ。

 そのほか、クリニック(皮膚科・歯科)、銀行、証券会社など、生活に密着したさまざまなサービス施設をワンフロアに集積しているのも特徴。「百貨店と同様、7階まで上がって下に降りてくる流れを作ることで、滞留時間を長く、買い上げ点数を高くしたい」(町野店長)という狙いだ。

 同店では、クルマ関連のサービスも充実させる。買い物をしている間に車の洗浄を行う「カーウォッシュサービス」は4月中旬以降に本格展開予定。さらに電気自動車用充電スタンドを設置し、カーシェアリングサービスも利用できるようにするという。

 同店舗が目標にしている来客数は年間500万人。「1~4階のみの先行オープンでも月間約35万人の来客数を記録している。グランドオープン以降は確実 に目標をクリアできると思う」(町野店長)と自信をのぞかせた。

カジュアルイタリアンレストラン「トラットリア アルポルト」では、旬の野菜を使ったヘルシーなメニューから本格的パスタメニューなどを落ち着いた空間で提供
カジュアルイタリアンレストラン「トラットリア アルポルト」では、旬の野菜を使ったヘルシーなメニューから本格的パスタメニューなどを落ち着いた空間で提供
[画像のクリックで拡大表示]
「韓国ごはん SAIKABO」。ここではファミリー向けに韓国の家庭料理を手軽に楽しめる定食スタイルのセットメニューを中心に提供するとのこと
「韓国ごはん SAIKABO」。ここではファミリー向けに韓国の家庭料理を手軽に楽しめる定食スタイルのセットメニューを中心に提供するとのこと
[画像のクリックで拡大表示]
海鮮和食「お箸どころ日乃」は静岡発・東京初出店。静岡県産の新鮮な海の幸・山の幸を使ったぜいたくなランチ御膳から、コース料理まで手ごろな価格で提供するという
海鮮和食「お箸どころ日乃」は静岡発・東京初出店。静岡県産の新鮮な海の幸・山の幸を使ったぜいたくなランチ御膳から、コース料理まで手ごろな価格で提供するという
[画像のクリックで拡大表示]
空中ヨガスタジオ「avity碑文谷スタジオ」では、産前のママ向けにマタニティ空中ヨガも提案
空中ヨガスタジオ「avity碑文谷スタジオ」では、産前のママ向けにマタニティ空中ヨガも提案
[画像のクリックで拡大表示]
「スポージアム」ではダイエー碑文谷店時代のテニスのガット張り替えサービスを継続。また新たに人気のブランド「ザ・ノース・フェイス」や「アンダーアーマー」も展開
「スポージアム」ではダイエー碑文谷店時代のテニスのガット張り替えサービスを継続。また新たに人気のブランド「ザ・ノース・フェイス」や「アンダーアーマー」も展開
[画像のクリックで拡大表示]
JTB横のトラベルライフスタイルショップ「MOOVE」では、品質の高さで海外でも知られる兵庫県豊岡トランク職人のハンドメイドキャリーや、パタンオーダーキャリ―で世界に一つだけのトランクを提案
JTB横のトラベルライフスタイルショップ「MOOVE」では、品質の高さで海外でも知られる兵庫県豊岡トランク職人のハンドメイドキャリーや、パタンオーダーキャリ―で世界に一つだけのトランクを提案
[画像のクリックで拡大表示]

(文/桑原恵美子)