7階にはイタリアンレストラン「アルポルト」も

 7階には3つのレストランがオープンする。なかでも注目は、日本でのイタリア料理ブームの火付け役として知られる片岡護シェフが監修するカジュアルイタリアンレストラン「トラットリア アルポルト」のオープン。韓国家庭料理で人気の「韓国ごはん SAIKABO」、海鮮和食「お箸どころ日乃」も同日オープンで、7月には中国ラーメン「揚州商人」もオープン予定。飲食店の少ないこのエリアでは歓迎されそうだ。

 そのほか、クリニック(皮膚科・歯科)、銀行、証券会社など、生活に密着したさまざまなサービス施設をワンフロアに集積しているのも特徴。「百貨店と同様、7階まで上がって下に降りてくる流れを作ることで、滞留時間を長く、買い上げ点数を高くしたい」(町野店長)という狙いだ。

 同店では、クルマ関連のサービスも充実させる。買い物をしている間に車の洗浄を行う「カーウォッシュサービス」は4月中旬以降に本格展開予定。さらに電気自動車用充電スタンドを設置し、カーシェアリングサービスも利用できるようにするという。

 同店舗が目標にしている来客数は年間500万人。「1~4階のみの先行オープンでも月間約35万人の来客数を記録している。グランドオープン以降は確実 に目標をクリアできると思う」(町野店長)と自信をのぞかせた。

カジュアルイタリアンレストラン「トラットリア アルポルト」では、旬の野菜を使ったヘルシーなメニューから本格的パスタメニューなどを落ち着いた空間で提供
カジュアルイタリアンレストラン「トラットリア アルポルト」では、旬の野菜を使ったヘルシーなメニューから本格的パスタメニューなどを落ち着いた空間で提供
[画像のクリックで拡大表示]
「韓国ごはん SAIKABO」。ここではファミリー向けに韓国の家庭料理を手軽に楽しめる定食スタイルのセットメニューを中心に提供するとのこと
「韓国ごはん SAIKABO」。ここではファミリー向けに韓国の家庭料理を手軽に楽しめる定食スタイルのセットメニューを中心に提供するとのこと
[画像のクリックで拡大表示]
海鮮和食「お箸どころ日乃」は静岡発・東京初出店。静岡県産の新鮮な海の幸・山の幸を使ったぜいたくなランチ御膳から、コース料理まで手ごろな価格で提供するという
海鮮和食「お箸どころ日乃」は静岡発・東京初出店。静岡県産の新鮮な海の幸・山の幸を使ったぜいたくなランチ御膳から、コース料理まで手ごろな価格で提供するという
[画像のクリックで拡大表示]
空中ヨガスタジオ「avity碑文谷スタジオ」では、産前のママ向けにマタニティ空中ヨガも提案
空中ヨガスタジオ「avity碑文谷スタジオ」では、産前のママ向けにマタニティ空中ヨガも提案
[画像のクリックで拡大表示]
「スポージアム」ではダイエー碑文谷店時代のテニスのガット張り替えサービスを継続。また新たに人気のブランド「ザ・ノース・フェイス」や「アンダーアーマー」も展開
「スポージアム」ではダイエー碑文谷店時代のテニスのガット張り替えサービスを継続。また新たに人気のブランド「ザ・ノース・フェイス」や「アンダーアーマー」も展開
[画像のクリックで拡大表示]
JTB横のトラベルライフスタイルショップ「MOOVE」では、品質の高さで海外でも知られる兵庫県豊岡トランク職人のハンドメイドキャリーや、パタンオーダーキャリ―で世界に一つだけのトランクを提案
JTB横のトラベルライフスタイルショップ「MOOVE」では、品質の高さで海外でも知られる兵庫県豊岡トランク職人のハンドメイドキャリーや、パタンオーダーキャリ―で世界に一つだけのトランクを提案
[画像のクリックで拡大表示]

(文/桑原恵美子)