アクセスが良く使い勝手がいい、地下のフードコート

 ミッドタウン日比谷の特色は、地下鉄3路線と直結している点だ。アクセス抜群の地下1階にあるフードアーケードは、博多に本店を構える老舗和菓子店「鈴懸」や、赤坂から移転オープンした洋菓子店「パティスリー&カフェ デリーモ」、など、話題性の高い店や人気店が集中。乗り換えのついでに手早く手土産を買いたいときなどに便利だろう。

「住吉酒販」は東京初出店。日本全国の酒が購入できる。スタンディングバーも併設
「住吉酒販」は東京初出店。日本全国の酒が購入できる。スタンディングバーも併設
[画像のクリックで拡大表示]
「パティスリー&カフェ デリーモ」ではミッドタウン日比谷店限定のパフェを提供。写真は新作の「メランジュフリュイHIBIYA」(2300円)
「パティスリー&カフェ デリーモ」ではミッドタウン日比谷店限定のパフェを提供。写真は新作の「メランジュフリュイHIBIYA」(2300円)
[画像のクリックで拡大表示]

 地下アーケードから短いエスカレーターで昇った先にあるのが、飲食店8店舗が集まったフードコート「HIBIYA FOOD HALL(ヒビヤ フード ホール)」だ。ミートボール専門店、スパニッシュバル、オイスターバー、ベトナム料理など特色のある専門店がそろう。席数は多いが通路も広くとってあり、地下とは思えないほどの開放感。価格も手ごろで予約がいらないので、家族連れでも使いやすいだろう。

「HIBIYA FOOD HALL(ヒビヤ フード ホール)」は通路が広く、開放感がある
「HIBIYA FOOD HALL(ヒビヤ フード ホール)」は通路が広く、開放感がある
[画像のクリックで拡大表示]
スパニッシュバル「Bar&Tapas Celona(バー&タパス セロナ)」は、「スモークサーモンと小海老」「タコのガリシア」「ボケロネス(イワシの酢漬け)」などのピンチョス(300円~)が豊富にそろう。
スパニッシュバル「Bar&Tapas Celona(バー&タパス セロナ)」は、「スモークサーモンと小海老」「タコのガリシア」「ボケロネス(イワシの酢漬け)」などのピンチョス(300円~)が豊富にそろう。
[画像のクリックで拡大表示]
ベーカリー「ジャン・フランソワ」のミッドタウン日比谷限定の「レアチーズクリームパン」(240円)。国産小麦「ゆめちから」を使用した弾力たっぷりのパンと、北海道産クリームチーズを使用したとろとろのレアチーズクリームが入っている
ベーカリー「ジャン・フランソワ」のミッドタウン日比谷限定の「レアチーズクリームパン」(240円)。国産小麦「ゆめちから」を使用した弾力たっぷりのパンと、北海道産クリームチーズを使用したとろとろのレアチーズクリームが入っている
[画像のクリックで拡大表示]
NYスタイルのミートボール専門店「Susan's MEAT BALL(スーザンズ ミートボール)」の「ミートボールスライダー」(320円)は、好みのミートボールとソースを組み合わせて作れるミニバーガー。1個50gのミートボールは見た目よりも食べ応えがあり、ソースはコクがある奥深い味わいだった
NYスタイルのミートボール専門店「Susan's MEAT BALL(スーザンズ ミートボール)」の「ミートボールスライダー」(320円)は、好みのミートボールとソースを組み合わせて作れるミニバーガー。1個50gのミートボールは見た目よりも食べ応えがあり、ソースはコクがある奥深い味わいだった
[画像のクリックで拡大表示]