2016年3月9日、名古屋駅前に「大名古屋ビルヂング」がグランドオープンした。

 ビル名は、1962年から2012年までランドマークとして親しまれた旧・大名古屋ビルヂングの名称を継承。旧ビルでは一般利用が地下飲食街と夏季の屋上ビアガーデンに限られていたが、新しいビルは74店舗と14テナントで構成される大型商業施設に生まれ変わった。

名古屋駅桜通口を出てすぐの「大名古屋ビルヂング」は地上34階建て高さ約175メートル。外観は空へ延びる大樹をイメージしたデザイン
名古屋駅桜通口を出てすぐの「大名古屋ビルヂング」は地上34階建て高さ約175メートル。外観は空へ延びる大樹をイメージしたデザイン
[画像のクリックで拡大表示]
大樹の中を歩いているようなゆったりした空間
大樹の中を歩いているようなゆったりした空間
[画像のクリックで拡大表示]

キーテナントは「イセタンハウス」

 商業ゾーンのキーテナントは、三越伊勢丹の新たなセレクトショップ「イセタンハウス」。約900坪と商業ゾーンのおよそ4分の1を占め、地下1階~地上2階の3フロアにモードファッション、カジュアル、スポーツ、コスメのショップを集める。三越伊勢丹の新オリジナル雑貨ブランド「ニッポッピン」、リップバーやカウンセリング機能を融合させたコスメカウンター「コスメティックス」など新機軸も打ち出している。伊勢丹としては中規模店で、今後の中核都市での出店戦略のモデルケースにも位置付けられるという。

キーテナントは三越伊勢丹のファッションセレクトストア「イセタンハウス」の1号店。30~40代の高感度層がメーンターゲット
キーテナントは三越伊勢丹のファッションセレクトストア「イセタンハウス」の1号店。30~40代の高感度層がメーンターゲット
[画像のクリックで拡大表示]
地下1階のコスメフロアでは300本ものリップを試せるリップバーや、コスメのカウンセリングも
地下1階のコスメフロアでは300本ものリップを試せるリップバーや、コスメのカウンセリングも
[画像のクリックで拡大表示]