2016 年3月4日、横浜のみなとみらい21 新港地区に新たな商業施設「マリン アンド ウォーク ヨコハマ(MARINE & WALK YOKOHAMA)」がオープン。横浜初出店13店舗、関東初出店1店舗、新業態7店舗を含む25店舗が出店する。

 ショップは米国西海岸を代表するライフスタイル複合セレクトショップ「フレッド・シーガル(Fred Segal)」の日本旗艦店や、H&Mグループのハイファッションブランド「コス(COS)」をはじめ、個性的なブランドがそろう。また飲食店も新業態のパイ専門店「パイホリック(Pie Holic)」、恵比寿で人気の魚介レストラン「ビストロシロ」の新業態「シロノシー」、ハワイアンとメキシカンをミックスしたカフェダイニング「アロハアミーゴ(Aloha Amigo)」のフードスタンドなど、新業態が3店あるほか、エリア初も多くそろえた。

 同施設を運営する三菱商事都市開発(東京都千代田区)によると、この施設は「ストリートスケープ型」が特徴だという。それはいったいどんなものなのか。オープン直前のプレス内覧会に足を運んだ。

「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」(神奈川県横浜市中区新港1丁目3番1号)。みなとみらい線 馬車道駅6番出口より徒歩9分、JR・市営地下鉄 桜木町駅より徒歩15分。敷地面積7053平米、延床面積1万3486平米、店舗面積8346平米、地下1階、地上2階(一部地上5階建)。営業時間は物販(食物販含む)・サービスが11~20時、飲食店が11~23時
「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」(神奈川県横浜市中区新港1丁目3番1号)。みなとみらい線 馬車道駅6番出口より徒歩9分、JR・市営地下鉄 桜木町駅より徒歩15分。敷地面積7053平米、延床面積1万3486平米、店舗面積8346平米、地下1階、地上2階(一部地上5階建)。営業時間は物販(食物販含む)・サービスが11~20時、飲食店が11~23時
[画像のクリックで拡大表示]
H&Mグループのハイファッションブランド「コス(COS)」。日本1号店は東京・青山にあり、同ショップは2号店となる
H&Mグループのハイファッションブランド「コス(COS)」。日本1号店は東京・青山にあり、同ショップは2号店となる
[画像のクリックで拡大表示]
2008年にオランダ・アムステルダムで生まれたデニムブランド「デンハム(DENHAM)」は旗艦店である代官山に次いで日本国内2店目。「ハンドウォッシュでしか出ない色の変化を楽しんでほしい」と自社製品を無料で手洗いするサービスが人気。またデニムの経年変化を見せるため、デザイナーチームが履き込んだデニムをディスプレイしている
2008年にオランダ・アムステルダムで生まれたデニムブランド「デンハム(DENHAM)」は旗艦店である代官山に次いで日本国内2店目。「ハンドウォッシュでしか出ない色の変化を楽しんでほしい」と自社製品を無料で手洗いするサービスが人気。またデニムの経年変化を見せるため、デザイナーチームが履き込んだデニムをディスプレイしている
[画像のクリックで拡大表示]
2006年、米国サンタモニカに設立されたシューズメーカー「トムス(TOMS)」は1足の靴が売れるたびに靴が必要な子供に1足贈るという取り組みで知られる。横浜初出店
2006年、米国サンタモニカに設立されたシューズメーカー「トムス(TOMS)」は1足の靴が売れるたびに靴が必要な子供に1足贈るという取り組みで知られる。横浜初出店
[画像のクリックで拡大表示]
あらゆる食材をパイにして提供する新業態のパイ専門店「パイホリック(Pie Holic)」の「ブイヤベースのホットパイ」(4980円/3~4人用)
あらゆる食材をパイにして提供する新業態のパイ専門店「パイホリック(Pie Holic)」の「ブイヤベースのホットパイ」(4980円/3~4人用)
[画像のクリックで拡大表示]
ハワイアンとメキシカンをミックスしたカフェダイニング「アロハアミーゴ(Aloha Amigo)」の新業態は、ワンハンドフードを多く揃えたフードスタンド。写真のミニアメリカンドッグは5個入りで580円。ほかにメキシカン揚げクレープ「チミチャンガ」(500円)などユニークな料理が揃う
ハワイアンとメキシカンをミックスしたカフェダイニング「アロハアミーゴ(Aloha Amigo)」の新業態は、ワンハンドフードを多く揃えたフードスタンド。写真のミニアメリカンドッグは5個入りで580円。ほかにメキシカン揚げクレープ「チミチャンガ」(500円)などユニークな料理が揃う
[画像のクリックで拡大表示]

商業施設というより大人のリゾート地!?

 みなとみらい線馬車道駅からランドマークタワーなど横浜らしい風景を眺めながら海に向かって歩くこと数分。赤レンガ倉庫の左側に、低層の建物がつながった構造のマリン&ウォークが見えてきた。遠くからもそれほど大きくはない印象だったが、入口まで来てもその印象は変わらず、「想像していたよりかなりこぢんまりした建物だな」というのが第一印象(ゆとりのある空間をつくるため、法的には5層にできる区画なのに、結婚式場以外はあえて2層にしていると後で知った)。

 驚いたのは、入口の棟の間を入った瞬間。小さめの車が通れそうな広い通路が広がり、その両脇に、個性的なショップが軒を連ねている。その向こうには青い海が広がり、まるで一瞬で、海外のリゾート地に来たよう。商業施設というよりも街といった印象だ。

 その印象は、施設の裏の海側(新港ふ頭ターミナルになっていて、船が停泊している)に行ってますます強くなった。棟の裏側が広いウッドデッキになっていて、ずっと遠くまでつながっている。ショップと無関係であり、居心地の良さのためにだけ設けられた、贅沢なスペース。驚きは、個々のショップを訪れた時も続いた。海側に向かって開けたゆったりした空間の店が多く、貧乏性の筆者は「あそこの空きスペースがもったいない」などとついつい考えてしまうほど。

 開放的な気分の良さは提供されるフードにもあらわれていて、ワンハンドで海辺を歩きながら食べられるようなものがとても多い。そして食べさせ方はカジュアルだが、原材料を非常に厳しく選んでいたり、手作り重視だったりと、一つひとつのクオリティが高いのだ。

 いったいなぜ、こうした作りにしたのか。

商業施設というより大人のリゾート!? 横浜みなとみらい「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
商業施設というより大人のリゾート!? 横浜みなとみらい「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
恵比寿で人気の魚介レストラン「ビストロシロ」の新業態「シロノシー」は、光と海風を感じる絶景のロケーションで広々とした空間。おすすめの「ブイヤベース」(3800円)、「セビーチェ」(1500円)
「Community Mill」(雑貨/カフェ&レストラン)は多くのファッションブランドを展開する「ビーズインターナショナル」の新業態。店内のドリンクスタンド「SODA BAR」ではハンドメイドの炭酸飲料が常時10種類ほど揃っている。写真は「季節のフルーツソーダ」(450円)で、無農薬のレモンと減農薬の4種類の日本の柑橘を使用した自家製シロップのソーダと、ホットドッグ(650円)
「Community Mill」(雑貨/カフェ&レストラン)は多くのファッションブランドを展開する「ビーズインターナショナル」の新業態。店内のドリンクスタンド「SODA BAR」ではハンドメイドの炭酸飲料が常時10種類ほど揃っている。写真は「季節のフルーツソーダ」(450円)で、無農薬のレモンと減農薬の4種類の日本の柑橘を使用した自家製シロップのソーダと、ホットドッグ(650円)
[画像のクリックで拡大表示]
米国西海岸生まれのライフスタイル複合セレクトショップ「フレッド・シーガル(Fred Segal)」の国外2号店。街側、海側に2フロアあり、海に面したフロアでは食マーケット「ザ マート アット フレッド シーガル(THE MART AT FRED SEGAL)」があり、4店共通のフードホールとなっている
米国西海岸生まれのライフスタイル複合セレクトショップ「フレッド・シーガル(Fred Segal)」の国外2号店。街側、海側に2フロアあり、海に面したフロアでは食マーケット「ザ マート アット フレッド シーガル(THE MART AT FRED SEGAL)」があり、4店共通のフードホールとなっている
[画像のクリックで拡大表示]
フレッド・シーガルのフードホール内にあるスタンドのひとつで、京都のアイスクリーム専門店「HANDELS VAGEN(ハンデルス ベーゲン)」の新業態店。フレッシュなフルーツを使用し、キッチンで作り立てのアイスクリームを提供している。写真は季節限定「福岡県大川市産「あまおう」ミルク」(500円)。コーンも毎日、店内で焼きたてのものを使っている
フレッド・シーガルのフードホール内にあるスタンドのひとつで、京都のアイスクリーム専門店「HANDELS VAGEN(ハンデルス ベーゲン)」の新業態店。フレッシュなフルーツを使用し、キッチンで作り立てのアイスクリームを提供している。写真は季節限定「福岡県大川市産「あまおう」ミルク」(500円)。コーンも毎日、店内で焼きたてのものを使っている
[画像のクリックで拡大表示]
フードホール内にあるハワイアンとメキシカンをミックスしたカフェダイニング「アロハアミーゴ」の「ミニ・パンケーキ・サンデー」(650円)。豆乳ホイップクリームでさっぱりした味
フードホール内にあるハワイアンとメキシカンをミックスしたカフェダイニング「アロハアミーゴ」の「ミニ・パンケーキ・サンデー」(650円)。豆乳ホイップクリームでさっぱりした味
[画像のクリックで拡大表示]
フードホール内にある自家製ロティサリーチキン専門店「サルーファミリア(Salud Familia)」
フードホール内にある自家製ロティサリーチキン専門店「サルーファミリア(Salud Familia)」
[画像のクリックで拡大表示]
ポートランド初の行列ができるドーナツ店「カムデンズ ブルースタードーナツ(CAMDEN'S BLUE STAR DONUTS)」もフードホール内に出店
ポートランド初の行列ができるドーナツ店「カムデンズ ブルースタードーナツ(CAMDEN'S BLUE STAR DONUTS)」もフードホール内に出店
[画像のクリックで拡大表示]
「パイホリック」はさまざまな食材を盛り込んだパイ料理専門店。セイボリーパイの専門店でも見たことのないパイ料理が数多くあった。写真はイタリアの国民的な甘味調味料ヌテラをフィリングにした「ヌテラ バナナパイ」(600円)
「パイホリック」はさまざまな食材を盛り込んだパイ料理専門店。セイボリーパイの専門店でも見たことのないパイ料理が数多くあった。写真はイタリアの国民的な甘味調味料ヌテラをフィリングにした「ヌテラ バナナパイ」(600円)
[画像のクリックで拡大表示]
商業施設というより大人のリゾート!? 横浜みなとみらい「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
商業施設というより大人のリゾート!? 横浜みなとみらい「マリン アンド ウォーク ヨコハマ」(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
本場スペイン国際パエリアコンクールチャンピオンのパエリア専門店「ミゲルフアニ(MIGUEL y JUANI)」。写真の「イベリコ海パエリア」(5780円/2人前)は横浜店限定販売で、5月末までの期間限定、1日10食限定
「&Swell(アンドスウェル)」はサーファーカルチャーを感じさせる雑貨、天然酵母を使用した「R Baker」のパンを販売。ユニークなパンがたくさんあった
「&Swell(アンドスウェル)」はサーファーカルチャーを感じさせる雑貨、天然酵母を使用した「R Baker」のパンを販売。ユニークなパンがたくさんあった
[画像のクリックで拡大表示]
「ブルーパパイア タイランド(Blue Papaya THAILAND)」は恵比寿、麻布十番で人気のタイレストラン。家庭的なくつろぎを感じさせるインテリアも、女性に人気
「ブルーパパイア タイランド(Blue Papaya THAILAND)」は恵比寿、麻布十番で人気のタイレストラン。家庭的なくつろぎを感じさせるインテリアも、女性に人気
[画像のクリックで拡大表示]

“脱回遊式”商業施設!?

 三菱商事都市開発 商業開発部の田中美和子シニアマネージャーによると、同施設は、「海沿いの倉庫街に街路をつくる」という発想から生まれたオープンモールだという。横浜には駅周辺の百貨店やみなとみらいの巨大商業施設など、ファミリー向けの場所はある。だが感度の高い大人が買い物できる場所が意外に少ないと見て、その空白部分を狙った。

 横浜在住の感度の高い層に足を運んでもらうため、歩いているだけで気持ちの良い非日常感を演出したいと考えたとのこと。「知らず知らずゆっくりと回遊していたという雰囲気を作るために、建物という箱から考えるのではなく、まず街路を作り、そこに集まった個性的なショップが街の顔を作り上げていくイメージにしたかった」(田中シニアマネージャー)。そのため誘致したショップも路面店であることを重視する個性の強い店が自然とそろったそうだ。カジュアルな業態の飲食店が多いのは、「感度は高くても、肩肘張らずに気軽に入れることを意識した」(同)とのこと。

 巨大商業施設では、人気の高いショップをあえて遠くに配置し、施設内を回遊させるように計算しているところが多い。だが同施設ではそうした誘導を避け、自発的に回遊できる雰囲気を作っている。事実、取材が終わっても帰りたくないくらい気持ちのいい空間だった。これからの季節、人気が高まるのは確実だが、心配なのは大勢の人が詰めかけた時、このゆったりした雰囲気がどこまで保てるか。そこが成否の大きなカギとなりそうだ。

施設内のどこにいても、のびのびとした気持ちのいい景色が広がっていた
施設内のどこにいても、のびのびとした気持ちのいい景色が広がっていた
[画像のクリックで拡大表示]
通路というより、街路と呼びたい空間
通路というより、街路と呼びたい空間
[画像のクリックで拡大表示]

(文/桑原恵美子)