定番メニューを作らないことで野菜の高騰に対応

   リンガーハットは過去にも女性をターゲットにした新業態を立ち上げた経緯がある。2011年にオープンした「リンガール東京」だ(関連記事「“男子禁制”の リンガーハット!? 新業態『リンガール東京』」)。メインメニューは「ちゃんぽん」ならぬ「ちゃんPon」と「皿うどん」ならぬ「Saraうどん」で、価格帯も通常のリンガーハットより高く、約1.5倍だった。現在は全店撤退しているが、その理由を「おしゃれにしても、結局『ちゃんぽんはちゃんぽん』だった」と川内ブランドマネージャーは振り返る。リンガールの1号店はリンガーハット既存店を業態転換したので「同じメニューでバージョンアップしただけでは、既存店と比べて割高に感じる人が多かったようだ」(川内ブランドマネージャー)。そこでエブリボウルは、ネーミングもメニューも“リンガーハット色”を封印。看板や内装にもリンガーハットを感じさせるものは採用せず、新規ブランドであることを強調している。

リンガーハット 川内辰雄ブランドマネージャー
リンガーハット 川内辰雄ブランドマネージャー
[画像のクリックで拡大表示]

   エブリボウルは2020年までに20店舗まで増やす予定だというが、「100店舗、200店舗といった多店舗経営化するつもりはない」と、川内ブランドマネージャーは話す。その理由は2つ。まず、消費者の嗜好が多様化しているなかで、1ブランドで100店舗以上展開するのが難しい時代になっているということ。そして、もう1つは、ここ数年の野菜の高騰の影響だ。

 リンガーハットは2009年から原料を全て国産野菜に切り替えているので、天候不良などで野菜の仕入れ値が上がるとダイレクトに影響を受けるという。特に、リンガーハットの代表的なメニューである長崎ちゃんぽんには大量のキャベツを使用しているため「契約農家だけではまかなえず、高値で取引している市場からも仕入れた結果、1カ月で約3000万円ほど原価が高くなった月もあった」(川内ブランドマネージャー)。それに対し、定番のメニューを作らず、季節の食材を中心にメニューを展開するエブリボウルは、そのときに価格が高い野菜をあえて使う必要がなく、店舗数も抑えているので野菜の高騰の影響をさほど受けずに済む可能性があるというわけだ。

 「エブリボウルを創業ブランドの『とんかつ濵かつ』、主力ブランドのリンガーハットに次ぐ第3の柱にしたい」と川内ブランドマネージャーは意気込みを語る。

(文/桑原恵美子)


全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する