こちらトーキョー~TOKYO CALLING~のメニュー。「サーモンとアボカドのロール寿司」(850円)、「トーキョーおでん(全10種)」(200円~)など
こちらトーキョー~TOKYO CALLING~のメニュー。「サーモンとアボカドのロール寿司」(850円)、「トーキョーおでん(全10種)」(200円~)など

新宿駅高架下に“驚きのアート空間×アジア風屋台村”

2017年01月16日
  • 2016年12月9日、新宿駅の甲州街道高架下にオープンした「サナギ 新宿」。新宿駅東南口から徒歩1分。11時~23時半。不定休。席数は約200
  • 入り口を入ってすぐの「ネオ東京BAR / RECEPTION BAR」では、クラフトビールやカップ酒をスタンディングで楽しめる
  • 「サナギインキュベーション / GALLERY」は、次世代クリエイター支援のフリープラットフォームを目指したギャラリースペース。現在は日本画家 十一(トヲハジム)氏の作品が展示されている
  • 「百花繚乱ランタン横丁 / YATAI-MURA」は、「アジア・日本の屋台村」をテーマに、個性的な4つのフードショップが立ち並ぶ、約200席のカフェ&フードホール。ヌードルや寿司、おでんなど、バリエーション豊富なアジアンフュージョンの個性的な料理が楽しめる
  • こたつで寛げる「サロン桟敷(SAJIKI)」はステージにも変身する
  • 「サナDの寝床 / TATAMI」は、靴を脱いで畳でくつろげるスペース
  • 「噂話の小部屋 / MIKITI LOUNGE」は雑誌「装苑」「ELLE girl」などで活躍する人気スタイリスト・相澤樹氏が空間ディレクションしたラウンジ
  • レセプションバー「ネオ東京BAR」の日本酒カップ酒「サナカップ(スタンダード)」(750円)
  • ロティサリー&サテ屋台「炎のGai Yaang」は、専用のロースターでじっくり焼き上げた回転鶏ガイヤーン(タイ風ローストチキン)やサテ(アジアン串焼き)の店
  • 炎のGai Yaangのメニュー。「サナギのガイヤーン(タイ風ローストチキン)」(580円)、「シーフードBBQ 鮪のカマ」(1900円)など
  • 点心&ヌードルバー「点心爛漫」は餃子やカレーもあり、食事のシメにもぴったり
  • 点心爛漫のメニュー。「ミルク花巻(バナナチャツネ付き/2個)」(500円)、「麻辣ヌードル」(980円)など
  • おでんとロール寿司「こちらトーキョー~TOKYO CALLING~」では、おでんやモツ煮込み、寿司などの和風料理をサナギ流にアレンジした料理を提供
  • こちらトーキョー~TOKYO CALLING~のメニュー。「サーモンとアボカドのロール寿司」(850円)、「トーキョーおでん(全10種)」(200円~)など
  • 酒肴と野菜「緑黄色人酒」は各国のエッセンスをミックスしたアジアンフュージョンデリや野菜料理を提供
  • 緑黄色人酒のメニュー。「アップルキムチ」(480円)、「トムヤンクンポテトサラダ」(650円)など
  • イベントスペースは屋外だが高架下なので、天候に左右されず使えそうだ
  • 2016年12月10日に新宿区として初めて開設する観光案内所がオープン。イベント、グルメ、ショッピングなどの最新の観光情報を多言語で広く提供していくという