2015年10月15日、東京・渋谷にライスサンド専門店「ファンガス・ライス・サンドウィッチーズ(以下、F・R・S)」がオープンした。同店のライスサンドは、炊いた雑穀米を高圧でプレスし、こんがり焦げ目をつけた「おこげシート」にキノコや納豆などをサンドしたものだ。

 実は同店を展開するのは、吉野家ホールディングスグループで讃岐うどんチェーン「はなまるうどん」を運営するはなまる(東京都中央区)。“米飯を使った世界初の低カロリーファストフード”をうたう。

 「外食でも無理なく手軽にカロリーコントロールが可能であり、単品なら500円から食べられる」(はなまる 新規ビジネス創造本部 新規プロジェクト室 F・R・S青山店 浜田常吉スーパーバイザー)。早くも2016年1月19日にはハワイに海外1号店「ヘルシー・ライスタコス・トーキョー」を出店。2016年4月ごろからおこげシートのみの通販もスタートさせるという。

 讃岐うどんのはなまるがなぜ畑違いの新業態に乗り出したのか。またおこげシートを使用したライスサンドとはいったいどんなものなのか。

ライスサンド専門店「ファンガス・ライス・サンドウィッチーズ」(東京都渋谷区渋谷2-9-11 インテリックス青山ビル1階)。店名の「ファンガス」はラテン語でキノコの意味
ライスサンド専門店「ファンガス・ライス・サンドウィッチーズ」(東京都渋谷区渋谷2-9-11 インテリックス青山ビル1階)。店名の「ファンガス」はラテン語でキノコの意味
[画像のクリックで拡大表示]
席数は15で、営業時間は平日10~20時、土曜11~18時、日祝11~15時。
席数は15で、営業時間は平日10~20時、土曜11~18時、日祝11~15時。
[画像のクリックで拡大表示]
同店の看板商品で、店名の由来にもなっている「きのこタマゴ」(税込み550円、256kcal)。100円追加で各種野菜、キノコ、きんぴら、納豆、焼肉、カレー風味チキン、ツナのいずれかをトッピング可能
同店の看板商品で、店名の由来にもなっている「きのこタマゴ」(税込み550円、256kcal)。100円追加で各種野菜、キノコ、きんぴら、納豆、焼肉、カレー風味チキン、ツナのいずれかをトッピング可能
[画像のクリックで拡大表示]