オッポ ジャパンの鄧宇辰社長は、FeliCaの搭載について「日本市場に本気で取り組む証し」だと話している。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
オッポ ジャパンの鄧宇辰社長は、FeliCaの搭載について「日本市場に本気で取り組む証し」だと話している。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より

おサイフケータイ対応から見えるオッポの本気

2018年08月29日
  • 「R11s」以降、日本市場向け新製品の発表がなかったオッポだが、8月14日に新モデル「R15 Pro」「R15 Neo」の2機種を発表した。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
  • R15 ProはR11sより大きい6.28型ディスプレーを搭載し、デュアルカメラを強化したモデルとなっている。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
  • R15 Neoはデュアルカメラと6.2型の大画面ディスプレーを搭載しながら、売れ筋の価格帯である3万円を切る低価格を実現。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
  • R15 Proの背面にはFeliCaマークがある。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
  • オッポ ジャパンの鄧宇辰社長は、FeliCaの搭載について「日本市場に本気で取り組む証し」だと話している。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
  • オッポ ジャパンは販路およびアフターサービスの拡充を推し進めていくこと。詳細は年内に実施される2製品とともに発表される見通し。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より