おサイフケータイ対応が示す日本市場への本気度

 今回の新モデルで注目すべきは、R15 ProがFeliCa(非接触ICカード技術方式)を搭載し、「おサイフケータイ」に対応したことである。

 実は「おサイフケータイ」に対応したSIMフリースマホは種類が少なく、提供しているのも国内メーカーが中心。海外メーカーは「おサイフケータイ」対応モデルの開発実績があるHTCと、「Apple Pay」でFeliCaを採用したアップルのみという状況だ。

R15 Proの背面にはFeliCaマークがある。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
R15 Proの背面にはFeliCaマークがある。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
[画像のクリックで拡大表示]

 ここ数年のMVNO(仮想移動体通信事業者)人気に伴って急拡大しているSIMフリースマホ市場には、海外メーカーの参入も相次いでいた。だが、定着できたのは一握りのメーカーのみ。既に撤退したメーカーや、しばらく新機種を投入していないメーカー、参入を発表したものの製品を投入していないメーカーなども少なくない。また、ファーウェイやエイスースのように、一定のシェアを獲得しながらも「おサイフケータイ」対応に消極的なメーカーもある。

 実際、オッポが1月に投入したのはR11sのみで、市場のボリュームゾーンから外れた高価格帯のモデルだったため、同社のその後に一抹の懸念を抱く向きも少なくなかった。そのオッポが、キャリア(電気通信事業者)市場に比べて規模が小さいSIMフリースマホ市場向けに、あえて「おサイフケータイ」対応モデルを投入したのは、同社が日本市場に本気で取り組むというメッセージと考えていい。

オッポ ジャパンの鄧宇辰社長は、FeliCaの搭載について「日本市場に本気で取り組む証し」だと話している。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
オッポ ジャパンの鄧宇辰社長は、FeliCaの搭載について「日本市場に本気で取り組む証し」だと話している。写真は8月22日のオッポ ジャパン新製品記者発表会より
[画像のクリックで拡大表示]