ネットサービスとのセットプランは5Gで実現

 吉澤氏はまた、回線契約と共通ポイントプログラムを組み合わせ、顧客に“お得感”を提供する施策も積極的に展開していく意向だ。両者を組み合わせた施策は以前からあるが、吉澤氏は子供の誕生月に3000ポイントを付与する「ドコモ 子育て応援プログラム」を例に挙げ、購買行動以外の部分でもポイントを付与する考え。

 回線契約と他のサービスを結び付けて全体的な魅力を高める取り組みとしては、KDDI(au)が2018年5月に発表した、動画配信サービス「Netflix」の利用料金をセットにした料金プラン「auフラットプラン25 Netflixパック」がある。

KDDIは米Netflixと業務提携し、「auフラットプラン25 Netflixパック」を提供する。写真は2018年5月29日の「au発表会2018 Summer」より
KDDIは米Netflixと業務提携し、「auフラットプラン25 Netflixパック」を提供する。写真は2018年5月29日の「au発表会2018 Summer」より
[画像のクリックで拡大表示]

 吉澤氏は、回線契約と他のサービスの融合に関して、「今後も出てくるだろうし、私自身、次世代通信規格の『5G(第5世代移動通信システム)』では当たり前になると考えている」と回答。より大容量のデータ通信が可能になる5Gの時代に、回線契約とネットサービスのセットプランに前向きに取り組む考えだ。

 一方で、特定のコンテンツを利用した際には通信量がカウントされない「ゼロレーティング」の導入については「厳しい」とのこと。米国などではこうした仕組みがなし崩し的に導入されつつあり、日本にもLINEモバイル(東京・新宿)の「データフリー」などがあるが、吉澤氏としてはネットワーク中立性など、さまざまな問題があるとの認識のようだ。