ダイヤモンド会員なら最大で2000円割引に!?

 そしてもう1つ、サービス面での新たな施策として打ち出されたのが、楽天モバイルの主力料金プラン「スーパーホーダイ」のリニューアルだ。「スーパーホーダイ」とは、定額の音声通話とデータ通信がセットになったプランで、12カ月、24カ月、36カ月の最低利用期間を選んで契約することで、契約期間の長さに応じた特典が受けられるほか、毎月の通信容量を使い切った場合も1Mbpsの通信速度が保証されるといった特徴がある。

 今回のリニューアルで発表されたポイントは大きく3つ。1つは契約期間の長さによって決まる特典の変更だ。従来は端末代金のキャッシュバックだったが、通信料の値引きへと変更された。24カ月の契約であれば月額500円、36カ月の契約であれば月額1000円の値引きがそれぞれ2年間適用される。ちなみに今回のリニューアルに伴い、従来は契約期間ごとに異なっていた解除料も、一律9800円へと変更された。

楽天会員が3年契約を選ぶと「楽天会員割」と「長期割」を合わせて月額1500円の値引きが受けられる。写真は6月14日の楽天モバイル夏商戦戦略説明会より
楽天会員が3年契約を選ぶと「楽天会員割」と「長期割」を合わせて月額1500円の値引きが受けられる。写真は6月14日の楽天モバイル夏商戦戦略説明会より
[画像のクリックで拡大表示]

 2つ目の変更点は大容量プランの新設だ。従来の「スーパーホーダイ」は、通信容量14GBの「プランL」(月額5980円)が最大だったが、新たに24GBの「プランLL」(月額6980円)が新設された。もちろん、こちらも各種割引の対象となる。

 そして3つ目は定額通話の時間延長。「スーパーホーダイ」の通話定額はこれまで5分以内の通話が対象だったが、今回のリニューアルによって10分まで延長された。先述の2つの施策は新規契約者のみが対象だが、こちらは既存の「スーパーホーダイ」契約者にも適用されるとのことだ。

サービス面での新たな施策は「スーパーホーダイ」のリニューアル。ポイントは割引のシステム変更と大容量プランの増設、通話定額の時間延長の3つだ。写真は6月14日の楽天モバイル夏商戦戦略説明会より
サービス面での新たな施策は「スーパーホーダイ」のリニューアル。ポイントは割引のシステム変更と大容量プランの増設、通話定額の時間延長の3つだ。写真は6月14日の楽天モバイル夏商戦戦略説明会より
[画像のクリックで拡大表示]