先の検討会における事務局説明資料より。キャリアとMVNOとの同等性を確保する上で、キャリアとの接続条件、2年縛り、そして中古端末の3点が大きな問題として挙げられている
先の検討会における事務局説明資料より。キャリアとMVNOとの同等性を確保する上で、キャリアとの接続条件、2年縛り、そして中古端末の3点が大きな問題として挙げられている

苦境に陥るMVNO 総務省は再活性化できるのか

2018年01月10日
  • MVNOの苦境を受けてか、総務省は昨年12月25日に新しい有識者会議「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」を発足させた。写真は同検討会より
  • 先の検討会における事務局説明資料より。キャリアとMVNOとの同等性を確保する上で、キャリアとの接続条件、2年縛り、そして中古端末の3点が大きな問題として挙げられている
  • 「docomo with」「auピタットプラン」など、端末代を値引きしない代わりに通信料を安くするプランは、総務省の指導があったからこそ生まれたものとも言える。写真は2017年5月24日のNTTドコモ新サービス・新商品発表会より