日経トレンディが主催する“消費者目線で選ぶ新米味覚審査会”が「米のヒット甲子園2015」。その審査会が11月9日にパレスホテル東京で開かれた。2014年度の特A米10銘柄を専門家7人が食べ比べ、「2015年、今一番食べてほしいお米」を選出。見事、北海道の「ふっくりんこ」が受賞した。審査員が熱い議論を交わした白熱の審査会の様子をレポートする。

今年で2回目となる米のヒット甲子園

今年も白熱した議論が交わされた「米のヒット甲子園」。審査員は真剣にお米を食べ比べた
今年も白熱した議論が交わされた「米のヒット甲子園」。審査員は真剣にお米を食べ比べた
[画像のクリックで拡大表示]

 お米の炊き加減は、好みが分かれるところ。硬さでいえば、1粒1粒、粒をしっかり感じられる「しっかり派」、粒感より一体感を好む「柔らか派」がおり、味わいにも「もっちり派」と「あっさり派」がいる。自分の好みを知っている人は、炊き方だけでなく銘柄や産地にもこだわり、食卓でその味を堪能していることだろう。とはいえ、お米に造詣がない方が、自分の好みのお米と出合うことはなかなか難しいものだ。

 新米の季節を迎え、自分好みのお米を探している方に参考にしてほしいのが「米のヒット甲子園」である。米のヒット甲子園は、味覚をランキングするのではなく、それぞれのお米の個性を知ってもらい、個性に合ったお米の食べ方を提案し、消費拡大を推進する狙いで始まった審査会。お米の素晴らしさを広めるのはもちろん、付加価値のあるお米作りに励む生産者を応援することも目的とし、2014年に第1回目を開催した。

 2回目となる米のヒット甲子園2015は、2014年度に「特A」を獲得した44銘柄の中から、主旨に賛同し出品に協力いただいた10銘柄を審査対象とした。ちなみに特Aとは、日本穀物検定協会が主な産地品種銘柄に対して実施する「米の食味ランキング」での最高位のこと。毎年2月に発表されている。

発表! 米のヒット甲子園が選んだ「今一番食べてほしいお米」~白熱の審査会をレポート(画像)
[画像のクリックで拡大表示]