VRは映像コンテンツをどのように変えていくのか

――最初はゲームが好きな人たちがターゲットになるかと思いますが、それがより幅広い層に広がった時、VRはどのように利用されると思っていますか?

吉田氏:ゲームの比率は下がっていくでしょうね。代わりに、個人がパノラマ撮影ができるカメラで撮影した写真や動画を視聴し、その場にいるかのような気分を味わう……といった使い方もされるのではないでしょうか。

 VRは不動産や旅行、美術館などさまざまな場面で利用が進んでいくでしょうし、それによって利用者が、VRということを意識することなく利活用が進んでいくのではないかと思います。弊社にもPlayStation VRの発表以降、さまざまな業界から問い合わせが来ています。

――動画の話がありましたが、VRの広まりによって映像コンテンツは変化していくと考えていますか?

吉田氏:従来の映像コンテンツはそのまま残ると思いますが、VRはそれに追加する形で、表現手段の1つとして広まっていくと捉えています。映像関連の業界でもVRへの関心が高まっているという話は聞きますし、実際にコンテンツを作っている所も増えているようです。VRと高解像度の映像によって、現実の世界ではできないような体験ができることは非常に楽しいですし、ゲームよりも広がりやすいのではないでしょうか。

SCE吉田氏が見る、「PlayStation VR」でゲームの先に見据えるVRの未来(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

――一方でVRが普及するためには、現状どのような課題があると見ていますか?

吉田氏:1つはコンテンツを作るためのノウハウですね。VRの場合、コンテンツは作り方によって素晴らしい体験ができる一方、“酔い”で気持ち悪くなるものもできてしまいやすい。まだ知見やノウハウがない状況ですから、開発者同士で情報を共有し合いながら、賢くなっていく必要があると思っています。

 そしてもう1つは、体験するための機会ですね。VRは体験してみないと、その良さがなかなか伝わらないものです。多くの人にVRを体験してもらい、1人でも多くVRのファンを作ることを目指していきたいですね。

(文/佐野正弘、写真/郡谷謙二)