この記事は「日経トレンディ」2016年12月号(2016年11月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 9月にドイツで開催されたカメラの総合見本市「フォトキナ2016」で注目を集めたのが、ドイツのカメラメーカー、ライカが手がけるインスタントカメラ「ライカ ゾフォート」だ。11月、いよいよ日本で発売される。

 デジカメの普及により一度は衰退したインスタントカメラ。しかし、フィルムならではのボケ感やプリントを待つ間のわくわく感は、若者には新鮮だ。富士フイルムのインスタントカメラ「チェキ」の人気が世界的に高まっており、ライカはここに目を付けた。

ライカカメラジャパン「ライカ ゾフォート」
予想実売価格/3万2000円(税別)
サイズ・重さ/幅124×高さ94×奥行き58mm・約305g(バッテリー、フィルム除く)
絞り/f12.7
焦点距離(35mmフィルム換算)/34mm
撮影距離/0.3~0.6m(接写モード)、0.6~3m(標準)、3m以上(遠景)
対応フィルム/ISO800

ライカが“チェキ”になった!? その実力は?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ライカが“チェキ”になった!? その実力は?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ライカが“チェキ”になった!? その実力は?(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
ボディは3色

 ライカ ゾフォートは、チェキと同じフィルム規格「instax」を採用。「富士フイルムとの技術提携品で、中核となる技術は同社のもの。ただし、ライカ独自の要件を満たすように、仕様を改良している」(ライカカメラジャパン)とする。一方、外観デザインはライカ独自のもの。高級感はないものの、女性向けのかわいいデザインが多いチェキとは異なり、男性が持っても違和感はない。