この記事は「日経トレンディ」2016年12月号(2016年11月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 自転車での利用に特化したウエアラブルディスプレイを、GPS機器メーカーのガーミンが発売した。「Varia VisionJ」は、約1cm四方の超小型ディスプレイを備え、サングラスのフレーム部に取り付けて利用する。

 最大のメリットは、視線を常に前方に向けたまま、さまざまな情報を確認できることだ。同社製のサイクルコンピューターや腕時計型のウエアラブルデバイス、サイクリング用センサーと連係。スピードや距離、高低差、ケイデンス(ペダルの1分ごとの回転数)などの走行情報の他、心拍数なども表示できる。

ガーミン「Varia Vision J」
実勢価格/4万9800円(税別)
サイズ・重さ/60×19.7×19.8mm・29.7g
ディスプレイ解像度/428×240ピクセル
バッテリー駆動時間/約7時間
防水等級/IPX7

前を見ながら情報を得られる“サイクルディスプレイ”(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
画面表示の例。4分割したエリアに、各種情報が表示される
画面表示の例。4分割したエリアに、各種情報が表示される
[画像のクリックで拡大表示]
本体側面のタッチパッドをこすって表示画面を切り替えられる
本体側面のタッチパッドをこすって表示画面を切り替えられる
[画像のクリックで拡大表示]
サングラスのフレーム部分にアタッチメントを装着。左右どちらにも付けられる
サングラスのフレーム部分にアタッチメントを装着。左右どちらにも付けられる
[画像のクリックで拡大表示]