この記事は「日経トレンディ」2016年12月号(2016年11月4日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 富士重工業は、主力モデルの「インプレッサ」を5年ぶりにフルモデルチェンジ。先行予約で、すでに月間販売目標2500台を大幅に上回る約6000台を受注するなど、好スタートを切っている。

 5代目となる新型は、ハッチバックの「SPORT」とセダンの「G4」の2モデル展開。次世代の「スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)」を初めて採用したことが最大の特徴だ。

富士重工業「インプレッサ」
車両本体価格/192万2400~259万2000円(税込み)
サイズ・重さ/全長4460×全幅1775×全高1480mm・1320kg
エンジン/水平対向4気筒DOHC、1995cc
最高出力・最大トルク/113kW(154ps)/6000rpm・196Nm(20kgm)/4000rpm
JC08モード燃費/17㎞/L
※諸元はインプレッサSPORT「2.0i-L EyeSight」のもの

走りの快適さも安全性も格段に向上したインプレッサ(画像)
[画像のクリックで拡大表示]
高剛性、低重心化された「スバル・グローバル・プラットフォーム」。今後、さまざまな車種に展開
高剛性、低重心化された「スバル・グローバル・プラットフォーム」。今後、さまざまな車種に展開
[画像のクリックで拡大表示]